Fly Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Fly Fishing社員ブログ 【発売決定】SAアトランティックサーモン中禅寺スペシャル

2019.10.04

【発売決定】SAアトランティックサーモン中禅寺スペシャル

2019年初めに発売したアトランティックサーモン・朱鞠内スペシャル。その名の通り北海道の朱鞠内湖でイトウを釣るためのフライラインだが、その発売と同時に発案者である杉坂隆久氏はもとより数多くのフライフィッシャーからリクエストを受けたのが「朱鞠内スペシャルの軽いやつ」だ。

 

朱鞠内スペシャルはその「大型イトウを釣る」という目的で使用される#8/9/10前後のパワフルなロッドにあわせ、トータルヘッドウェイトを520グレイン(34g)に設定したが、チェンジャブルで扱いやすい同ラインのフィーリングはそのままに他魚種のレイクフィッシングに合うように400グレイン(26g)、460グレイン(30g)に軽量化したものが欲しいという要望だった。

atlantic_salmon

 

あまりにもリクエストが多いためすぐに商品化を検討し、製造先のScientific Anglers(SA)社に『開発コードネーム:アトランティックサーモン朱鞠内スペシャル・ライト/エクストラライト』として試作を依頼した。

 

SAとの協議で浮上したのはティップの設定だがディスカッションを積み重ねた上で試したのはティップを朱鞠内スペシャルと共通化しボディでトータルウェイトを調整するという手法だ。早速試作品を解禁した中禅寺湖で試したところキャストフィールは朱鞠内スペシャル同様のすばらしくキレのあるもので、キャスト後の沈下も全く問題ない。2タイプのヘッドのうちシャローキットで表層から中層を、もう一種のディープキットで中層からボトムをきっちりトレースすることができた。前回の朱鞠内スペシャル同様なんと一回の試作で完成してしまった。さて問題は商品名である。

 

朱鞠内スペシャル・ライトやエクストラライトというコードネームでサンプルを作ったが実際の朱鞠内湖で果たして多くの方がこの番手を使うのか…。多くの方はこれらのウェイトのラインを使い、芦ノ湖や屈斜路湖といったメジャーフィールドでレインボーやブラウン、レイクトラウトを狙うのではないか、という思いに立ち戻った時、ふと足元を見ると自分がフィールドテストで立っていたのはトラウトの聖地中禅寺湖だった。

 

DSC_1168

 

この湖こそこのラインの名を冠するに相応しいフィールドではないか!こうしてアトランティックサーモン中禅寺スペシャルは完成したのであった。

 

【シャローキット】

(トータルウェイト400grと460grの2種類)

インターミディエイトボディ
①クリアーティップ
②タイプ3ティップ(ともに12’120gr)

の1ボディ2ティップセット

 

【ディープキット】

(トータルウェイト400grと460grの2種類)

タイプ2ボディ
①タイプ3ティップ(14’140gr)
②タイプ6ティップ(13’140gr)

の1ボディ2ティップセット

 

推奨ロッド:

400gr(26g)…ティムコJTH1206-4、JTH1386-4など

460gr(30g)…ティムコJTH1267-4、JTH1427-4など

推奨シューティングライン:SAフローティング022、025各種エアロシューター32lb.SAアブソリュートフラットモノ35lb.など

 

(仕様)

AST、ブレイデットコア(クリアーティップのみモノコア)、両端ループ、SAID(各セクションに)。ラインカラーはシャローキットのボディがサーフ、ディープキットのボディがオリーブ。ティップはクリアー、ダークグリーン(タイプ3)、ダークグレー(タイプ6)。収納ワレット付

 

商品の発売に先立ち、実釣解説動画にまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

 

トラウトの聖地・中禅寺湖の名を冠したフライラインとして、ツーハンドロッド用レイクフィッシングラインの決定版です。2020年1月の発売をお楽しみに!

 


Like