Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   真夏の楽しみ②

2018.07.23

真夏の楽しみ②

海の日の7月16日(月)に家から自転車で行ける近くの川に雷魚を狙いに行った。6月に近くを通った時には梅雨の増水による濁りからか全く魚が見えなかったが、前日15日(日)の昼間に近くを通ったときに見てみると、全部で7匹雷魚を見かけたのでやっとシーズンイン。とはいっても昼間は非常に暑いので、朝6時半から9時までの朝のうちだけの釣りだ。

 

この川は潮の干満の影響を受けるので、前日の昼間に見かけた時と水位が違っていて、雷魚の居場所も変わっていた。最初に見つけた魚は流れに負けないように水草に頭を突っ込んでいて釣れそうに無いのでパス。次に見つけた場所では見える範囲に4匹いて、やる気のありそうな魚もいたので狙ってみると、50cm位の小振りな魚が早速バイト。残念ながらこれはフッキングしなかったが、その直ぐ後に再び喰ってくれて今度はしっかりフッキングした。

 

ところが、小振りと思って甘く見ていて中禅寺湖でシケイダーフライに使っていた1Xリーダーのままだったのが災いしたか、かかって直ぐにティペットが鋭い歯で切れてしまった。幸いフライは吐き出されて浮いてきたので、磯タモで回収し、リーダーを02X位の太さのテーパー部分まで詰めて、回収したフライを再び結んで釣りを再開。

 

今度は70cm位の魚を狙ってみるが、こいつはやる気が無くフライを追わず、対岸の際に泳いできた別の魚にキャストをすると直ぐに追ってきた。アクションを加えること数回、やっと我慢できなくなったようで、かぷっと咥えてタイミングよくフッキング。足場が高くネット入れに苦労したが、今年最初の雷魚をキャッチすることができた。

 

oggyeyec2

 

その後は別の場所でも数匹雷魚を見かけたが、そのうち3匹はネストを守っている魚だったので狙わず、他の魚は追ってはきたもののバイトまで至らなかった。他には小さなバスを1匹キャッチしただけだったが、今年の夏もまた楽しみができたと思いながら、暑くなる前に家に帰るのだった。

 

 

【タックルデータ】

ロッド: LOOPクロスS1シングルCRO896-4MF
リール: LOOP エヴォテック G4 LW7-9 グリーン
ライン: SA OH&D シングル WF8F
リーダー: TIEMCO OH&Dリーダー シングル 11FT 1X(途中からティペット部をカット)
フライ:各種バスバグ

 

OGGY

 


Like