Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

2020.09.23

癒しのイワナ

朱鞠内湖でイトウを楽しんだ後、海でのカラフトマスや川でのニジマスを狙った。それぞれ魚をキャッチすることはできたが、人が多く入れなかった場所が多かったり、釣っている場所に入ってくる人もいたりしたので、せっかくの北海道なのでもっとのんびりと釣りたいと思い数年ぶりにオショロコマを狙いに行った。

 

photo1

 

一日目に入った川は、数年前にイワナに混じってオショロコマも釣れた川。その後台風で河川が荒れて道も通行止めになったりして暫く行っていなかったが、そろそろ川も復活していると期待してのことだ。しかし、ヒグマが怖いので入渓点の橋の前後わずかな区間を昼前後の明るい時間だけやることにし、鈴やホイッスルを何度も鳴らしながら入渓した。

 

数日前の大雨のなごりか少し水は多いが濁りは無くなんとかドライでも釣れそうで、入って直ぐにあちこちからイワナが釣れた。しかし、狙いのオショロコマは混じらずイワナも最大で26cmと大きいのは釣れなかったが、短い時間で数多くの魚が遊んでくれたので人のいない渓流で自分のペースで楽しむことができた。

 

photo2

 

翌日は帰りの飛行機が出る前に空港に向かいながら昼に別の渓流に入った。ここは初めての川だがオショロコマが釣れると聞いていて一度やってみたかったところだ。とはいってもこの川もヒグマはいつ出てもおかしくないとの話だったので、他の釣り人も見えるダムのインレットから比較的見通しが利く少しの区間だけ釣り上ることとした。

 

ここも少し水量が多かったからなのか、それとも午前中に先行者が入った後なのか、いいポイントは沢山あったが、釣り始めて30分程全く当たりも見に来る魚も逃げる魚影も見られず不思議に思い始めた頃やっとヒット。意外と強い引きをみせたのは31cmのイワナだった。

 

photo3

 

その後、もう少し上流まで釣り上ったがヒグマが怖いので再び下流に戻って途中に見えたもう一つの沢に入りなおすことにすると、直ぐに小振りなイワナがヒット。他にも乗らないがアタックしてくる魚も幾つかいてこちらが本命かと期待が持てる。

 

photo4

 

すると、十分な水深があっていいサイズの魚が着いていても良さそうなポイントで対岸の反転流の中でヒット。力強い引きに少し下流に誘導してキャッチすると明らかに尺は超えていて、測ってみると35cmのイワナ。もしかすると少し下流のダム湖から上ってきたアメマスかもしれないが、渓流の3番タックルで釣るには十分引きも楽しめて満足の一匹となった。

 

photo5

 

その後、直ぐ上流で真新しい釣り人の足跡があって、いいポイントでも魚の反応が無くなったので少し早いが撤収することにした。最初の沢は足跡が残るような場所が少なかったので気づかなかったが、やはり午前中に他の釣り人が入っていたようだ。

 

さらに、車に戻って片付けていると他の釣り人が来て、話を聞くとオショロコマは林道を暫く上った上流に入ると沢山釣れるよと教えてくれた。但し、帰りの飛行機の時間が近いのといいサイズのイワナに満足し、オショロコマは次回夏に来た時に再挑戦することとして夏休みの北海道釣行は幕を閉じた。

 

 

【タックルデータ】

ロッド:LOOP オプティクリーク373-3
リール: LOOP エヴォテック FW2-6(旧モデル)
ライン: SA OH&DシングルWF3F
リーダー:TIEMCO OH&Dリーダー シングル 11FT 4X
+ミスティープラスティペット5X 60cm位
フライ: TMC212Y #13に巻いたピーコックパラシュート

 

OGGY

 


Like