Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

2021.10.08

増水の湯川で尺ブルック

禁漁前に動画の撮影を兼ねて、日光湯川に釣行。今回は湯滝から小滝の間をやってみた。湯滝から川に下りると、かなりの増水と少しの濁り。ドライフライでも釣りになるかも知れないが、ここはインジケーターニンフフィッシングで釣ることにした。OH&DヤマメWF3Fにインジケーターリーダー13ft5Xをセット。湯川の上流域はとても狭いのでリーダーのバットをさらに1ftカット。インジケーターリーダーはティペットが一体化しているので程よいところでカットしてインジケーター(ストライクディテクターⅡ)からニンフまでを60cmくらいにした。

 

ビーズニンフ

 

湯滝の少し下流にある瀬で撮影を始めて、#16~14のビーズヘッドヘアーズイヤーニンフ(TMCブライトビーズMゴールド)を結んで数投、いきなりインジケーターが止まり合わせるとかなりの大物!ロッドは深く曲がり、これは尺越えだと思っていたらファイト中にバレてしまった。増水したことで警戒心の強い大型がいたのかもしれない。この瀬でこんな魚が掛かったのは初めてだ。

 

タックル

 

それから下って、中型ブルックが釣れ、魚は多くいる感じがした。さらに下って、流れが岸にぶつかる深い瀬に来た。ティペットやフライを確認してキャストしようとしたら足元でライズ!とは言ってもドライフライとなるとリーダーを交換しなくてはならないので、ドライはあきらめてそのままニンフを流すことにした。

 

深瀬

 

強い流れの頭から流したいが、途中で倒木の枝らしきものが障害物として出ていて、それがあるために通しで流せない。枝の後ろは白泡が立っていていかにもブルックが居そうな感じだ。枝に注意して白泡にニンフを入れると水中でギラっと魚が動いた。インジケーターを見に来たようにも見えたが、軽く合わせるとグングンと強い引き!しばらくファイトすると見事なブルックトラウトが上がってきた。

 

尺ブルック

 

一部始終を動画に収めていい撮影となった。動画は編集が終わったら流したいと思います。さて湯川でのニンフは自分の場合はブラスのビーズにしている。タングステンよりも軽くすることで浅い流れに対応している。またニンフのサイズは小さめを使うことが多い(場合によっては#18)。今回は小滝まで下ってきれいな景色の中でいい釣りとなった。

 

小滝

 

【当日のタックル】

ロッド:GASS288
リール:オプティクリーク
ライン:OH&DヤマメWF3F
リーダー:インジケーターリーダー5X(現地で長さ調整)
フライ:ビーズヘッドヘアーズイヤー#16~14

 

近藤記

 


Like
アンダーハンド釣行記:最新記事