Fly Fishing記事 | ティムコ

イベント・スクールニュース

Fly Fishing  イベント・スクールニュース   第26回Tエリアゲームス加賀FA戦リポート

2019.01.22

第26回Tエリアゲームス加賀FA戦リポート

1月14日に第26回Tエリアゲームス加賀FA戦を開催させていただきました。

 

IMG_6298

 

風もなく暖かで穏やかな釣りのしやすい日でした。しかし逆に水面はカガミ。アタリはあるものの、なかなか食い込まないシビアな状況も時折みられました。

 

例年、加賀FA戦は参加者それぞれのスタイル・戦略の幅が広いのが特徴です。シンキングラインによるマラブーフライのリトリーブのスタイル、マーカーフィッシングスタイル、フローティングラインを使いノンウェイトのフライのフォーリングでくわせラインなどでアタリを取るスタイル等々。引っ張りスタイルの選手が上位に名を連ねるのも加賀FA戦の特徴です。

 

IMG_6294

 

当日は魚の活性は低めで、マーカースタイルの方は “ピクピク”、“チクッ”と入るぐらいのアタリをとるのに苦戦、アタリの回数は多いもののなかなか乗り切らないといった状況が多くみられました。浮力の強いインディケーターだと食い込みは悪かったようです。なかなか魚を乗せきれないというのはシンキングラインでのマラブーのリトリーブの釣りも同様でアタリはあるものの…という状況に苦しめられた選手も多かったと思います。

 

マーカーフィッシングスタイル

ストローインディケーターリングタイプは、市販されている浮き止めストッパーのXSサイズを上下から挟んで使用します。棚調整が簡単にすばやく、細かく出来き、またぐるぐると回転するため、絡みにくいというメリットがあります。フライにタングステンビーズのMサイズを装着して沈下を早め、同時にストローの立ちを良くし、さらに浮力を落として食い込みを良くする為に、途中にオモリ代わりにタングステンビーズのMサイズを装着するといった具合です。前回同様インディケーターからオモリまではLDLティペット4Xと太目。

これはトラブル防止のためで、オモリの部分から極小スイベルを介してその先は食い込みを良くするためLDLティペットの7Xと細くします。これで断然、食い込みは良くなります。このティペットは非常に耐久性が高いので、時間の限られた試合の中で信頼して使えます。

 

シンキングラインによるマラブーフライのリトリーブのスタイル

こちらもアタリは多くあるものの、くいが浅いのかアタッても乗らないというケースが多かったようでした。その解消用にエラスティックショックバット通称 “ぬーん“ を使い、魚が感じる違和感を減少させると同時に、可能となる細糸の使用で数を伸ばす工夫が必要なようでした。自分の割り当てられたエリアでいかに早く最適なリトリーブスピードや探る棚を見つけ出すかがキモでした。

 

IMG_6302

 

3位決定戦

3位決定戦は、3人での戦いとなりましたが画に描いたようにスタイルの違う3人での決定戦となりました。一人はマーカーフィッシングスタイル、もう一人はシンキングラインでのリトリーブの釣り、そしてもう一人はフローティングラインでノンウェイトのフライを使いフォーリング中のアタリをラインなどで取るスタイルといった具合でした。最後まで競り合うスリリングな展開となりました。

 

決勝戦

マーカースタイルの2連覇を狙う前回王者のTさんと、フローティングラインにトラウトガムのフォーリングでリーダー・ティペットでアタリを取るスタイルで絶好調を維持したまま勝ち上がってきた初優勝を狙うOさんの対戦となりました。前半はTさん、Oさんともなかなか乗り切らないあたりに終始苦しめられましたが、後半に入るとショートレンジを捨てロングレンジに狙いを絞ったOさんのトラウトガムのフォーリングの釣りがはまり、パターンを掴み抜け出し、そのまま独走して初優勝!おめでとうございます!

 

Tさん2連覇ならず残念!大会の様子を動画にまとめましたので、参加をご検討されている方はぜひご覧になってみてください。わいわいがやがやのなごやかな笑い声あふれる大会です。

 

 

 

次回は第3戦

次回は2月3日(日)に御殿場の東山湖FAさんで今シーズンの最終第3戦を開催します。前回の12月22日に行われた今シーズン第1戦東山湖FA戦の様子は以下の動画でご覧ください。

 

 

次回もきっと前回のように大いに盛り上がると思います!当日AM7:30からAM8:00まで現場で受付をしています。ぜひご参加ください!※参加費無料(釣り券は別途必要)。ルールや詳細は以下のページをご確認ください。

 

TAG(フライトーナメント)大会開催のお知らせ

 


Like