Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing  社員ブログ   春の本流で大物との出会い

2018.04.19

春の本流で大物との出会い

サクラマスを釣って調子に乗った私は、再びサクラマスを釣ろうと九頭竜川に向かう。プロスタッフの廣瀬さんにアドバイスをいただきながら数日間釣りをしたが、今回は全くかすることもなかった。コテンパンにやられた私は、帰り道に癒しを求めて渓流へと向かったのだが途中、大物で有名な岐阜の宮川を通りかかる。癒しを求める気持ちと、大物に出会う感動とを天秤にかけ、結局私は宮川で大物を狙うことを選んだ。

 

1

 

ぽかぽか陽気だったので、瀬の続くポイントを選択。選んだというよりは、初めて訪れた川だったので、一番入りやすい場所に入っていっただけだったのだが・・・。大きなニジマスを想定してフックはワンランク上のものに変えて瀬を流していく。流芯をまたいだあたりでバンッと叩くようなバイトがあったもののフックアップまではいたらず。それでも魚がいることは分かったので、さらに深場にルアーを送り込んでいくとゴチン!と暴力的なバイトが来た。

 

アワセを入れると魚が荒瀬を降っていく。鳴り止まないドラグと重量感に大物だと確信したところで、ジャンプしようと水面に魚が上がってきた。しかし自重が重すぎて水面をバシャバシャとするのが精一杯なようだ。私に大きな姿を見せた魚は再び流芯に潜っていき、今度は流芯でピタッと止まってしまった。流芯で踏ん張って動かなくなるのは大きなレインボー特有の行動だ。「これは大きいぞ…」そう気を引き締めた矢先、再び魚が走り出す。途端、テンションがフッと軽くなった。やってしまったと思ったが、今回はいつもと違うやられ方だった。

 

2

 

あわよくばヤマメやイワナも釣りたいからとリーダーを6lbにしていたのがいけなかったようだ。ヒトヒロとったリーダーが50cmくらいになって帰ってきた。そもそも私の腕では6lbで釣れる魚じゃなかったと諦めて次を探していく。しかしこの先の流れでは反応がなく次のポイントへ。時間的にもこれが最後のポイント。先のようなミスは許されないのでリーダーを8lbに太くし釣り降っていく。

 

流芯ならレインボー、ヒラキかタルミならイワナかヤマメと思いアプローチをかけていくとヒラキでルアーが押さえ込まれる。明確なアタリというよりは、グッと重くなったのでアワセを入れたところ、魚が動き出した。ズシっとした重量感的にレインボーがヒラキまでチェイスして食ってきたかと思いきや、水中で輝く魚は少し鈍い輝きをしている。

 

3

 

想像外のグッドサイズの本流イワナ。今季初イワナがジャスト40cmとは幸先がいい。麗らかな陽気につられて餌を飽食していたのだろう。ぼってりとしたおなかの中には何が入っているのか不思議だ。アメマスのように大きな斑点が印象的だった。

 

4

 

イワナが釣れてさらに追加できるのではないかと欲を出し、もう少しだけ、もう少しだけと進んでいるうちに、気づけばタイムリミット間近。気を使ってくれたように最後の1投でかわいいヤマメがヒットしてくれた。このサイズが元気だと春の川っぽいなぁと季節感を感じる。

 

5

 

サクラマスでボロボロになった私を歓迎してくれた宮川。それでもラインをぶっち切っていった魚を思い出すとリベンジする場所がひとつ増えたとしか思えない。また楽しみがひとつ増えたという嬉しさと共に、次にサクラマス釣行はどうやって魚に近づこうかと頭を痛めながら帰路に着いた。

 

6

 

【タックルデータ】

ロッド:エンハンサーカスタム アグレッシブプラッガー EHC-HS72
ライン:PE0.6号×フロロ6lb or 8lb
ルアー:シュマリ50FS 198HIRO-SPアユ+

 

スタッフ田崎

 


Like