Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing  社員ブログ   置賜白川 久々の尺超えイワナとちびヤマメ

2018.07.06

置賜白川 久々の尺超えイワナとちびヤマメ

今年はタイミングが早いか、遅いかでちょうど良い時に中々釣が出来ていない。そして相変わらず間の悪いことに東北方面出張のタイミングで台風が接近している。しかし今回幸いなことに一日目の出張先ではシトシトとやや湿る程度の雨だった。「これなら大丈夫だろう」と二日目は朝練をすることに決定。場所は新規開拓も考えたのだが天候もどうなるか分からないので、何度か訪れている置賜白川だ。

 

民宿で遊魚券を購入し、そのまま昨年入ったポイントより釣りを始める。ポツポツとチェイスはあるのだが口を使ってくれず、直ぐに戻ってしまう・・・これは何時もの修行パターンだ・・・」そう思いながらモクモクとポイントにめがけてキャスト。心が折れそうになりつつも期待できる淵に到着。トレースコースを変えながら数投すると淵尻で待望のヒット!釣れてくれたのは25センチ程度のイワナだ。もう釣れないと困るので写真の準備をしたがあえなく脱走されてしまう・・・最近非常に多い・・・

 

気を取り直してしばらくすると、またまた期待できそうな淵に到着。

 

1

 

50FSを先ほどと同じように淵尻まで持ってくると、下から突き上げるように黒い影が飛び出てきた。フッキング後やり取りをするが、思いのほかよせるのに手間取る。普通なら「大物!!」となる所だが、最近弱気なために「あれっ! スレちゃったかな?」と悲しい考えが頭をよぎってしまった。少し手惑いつつも手前によせると思いのほか大きく、そのまま岸によせて無事ランディング成功。

 

2

 

久々の尺越えだ。なかなか精悍な顔をした36センチの立派な岩魚だ。

 

3

 

ホクホクしながら写真を撮ってリリース。その後気分よく釣りを続けるがチェイスすらない・・・またまた淵にたどり着きキャストをすると待望のヒット!今回もなかなかよらないので「尺近いだろ~」と今回は強気の思いでやり取りをしたが、魚体が見えたと思ったらフックアウト・・・本当に尺前後だったのに・・・ショックのためか、何時もと同じか、どちらか定かでないが、その淵で連続してばらし続けてしまう。やはりメンタルは大事だ・・・

 

タイムアップも近づき終了も考えたが「最後はちゃんと釣ってから終了したい」と思い、気分を変えるついでにプロトミノーにチェンジし再開する。小場所ではあるがよさそうなポイントを発見しここを最後と決定。ちょっとしたエグレにルアーを流しこみ誘うとミノーをチェイスしてくる魚体を確認。やはり偏光サングラスは偉大だ。口を使うか迷っているようなチェイスだったのでトゥイッチのリズムを変化させると思惑通りヒット!

 

4

 

小さいヤマメではあるが自分の思い通りのアクションでバイトさせた、満足感の高い一匹! プロトミノーもしっかりと仕事をしてくれた。「後は自分が仕事をするだけだな~」と思いながら、朝練としては久々に納得できた置賜白川を後にして仕事に向かうことにした。

 

【タックルデータ】

ロッド:トラウターTW58ML
ルアー:シュマリ50FS 199HIRO-SPハバネロ+、プロトミノー

 


Like

関連商品