Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing  社員ブログ   秋の岩手とプロトミノー

2018.10.12

秋の岩手とプロトミノー

秋ヤマメを求め、9月に岩手の渓流へと足を向けた。今年の秋は残暑が長く、冷え込みが急にきたのでもしかしたら色付くのが遅いかもしれないと少し心配ながらも、北上するにつれて関東に比べるとぜんぜん違うひんやりとした空気が私の心配を吹き飛ばしてくれた。

 

現地に着くと残念ながら、お目当ての川は濁っており、次の候補の支流も濁っていた。今回の釣行はこの2つの川をやるためだけに来たようなものだったので、がっかりしながらも、さらに支流へと向かった。こちらの川は濁りもなく、先行者の影も無いのでそそくさと準備して入渓。プロトのミノーを結んだあと水に手をつけると、しびれるほど水温が低くて秋の気配を濃厚に感じ、私の頭の中は色の付いたヤマメへの期待でいっぱいだった。

 

少し釣り上がって行くとタルミでこの日最初の反応が。次のキャストでもチェイスしてくるのが見えたので、大きめにロッドを動かしてルアーをダートさせるとヒットまで繋がった。

 

t1

 

プリッとしたコンディションのいいイワナ。とりあえず1匹釣れてホッと一安心。決して反応が多いわけではないが、ポツポツと魚が流れから出てきてくれる。イワナばかりだったのだが、突然違う引きをする魚が現れた。

 

t2

 

色が濃かったのでイワナかと一瞬思ったものの、いい色のヤマメだった。8寸クラスとサイズもまずまずで嬉しい1匹。このサイズが釣れてくれるともっと大きなサイズへの期待も上がる。しばらく釣りあがると反応はあるがサイズが本当に小さい。いいサイズがこのエリアから抜けてしまったのか…。エリアを若干変える小移動。

 

t3

 

道を歩いているときに周りを見渡すと、木や草も空模様もすっかり秋めいていた。空気も冷たく、本当に関東とは季節が違うなぁと実感。ポイント移動した先では運よく魚が溜まっているエリアに入れたようで、先ほどよりもアベレージサイズが若干上がった。

 

t4

 

アベレージサイズが上がったものの、平均で20cm前後。それでも色付いた魚たちが釣れてくれると嬉しいものだ。パターンとしては流れの緩いポイントにルアーを流しこみ、ピンスポットでシェイキングするとヒットに持ち込めることが多かった。そこで口を使わないで追尾してくるならば強めにロッドを煽って、ルアーをダートさせるとスイッチが入るようで口を使ってくれた。

 

t5

 

要所要所で拾い釣りしていると気付けば夕方目前。夏に比べてずいぶんと陽が短くなったのを寂しく感じながら、この日の締めになる魚を求めてまだまだ進む。深みが確保されて流速もいい流れにたどり着いたが、ボサがと木の枝が張り出していて、キャストが難しい。こういう場所にいい魚が残っているのは分かっているが、高難易度キャストを決めなくては魚も出てこないはず。現にこのポイントに張り出している枝にルアーがひとつぶら下がっていた。

 

あの二の舞になるものかと気を引き締めて、ロッドの反発を使ってサイドでルアーを投げ込んだ。運よく枝とボサをかわして落ち込みにルアーを着水させることができ、流芯のボトムを流下させてくるとルアーがグッと押さえ込まれた。

 

t6

 

してやったりのシチュエーションでのヒットも嬉しかったし、サイズもこの日一番の26cm。この魚を筆頭に気難しい秋の魚も攻略でき、プロトミノーの威力も充分体感できた釣行となった。

 

【タックルデータ】

ロッド:エンハンサーカタリストEHCT-59ML-2プロト
ライン:PE0.8号×フロロ5lb
ルアー:50mmプロトミノー(2019年発売予定)

 

スタッフ田崎

 

 


Like