Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing社員ブログ 2020年シュマリNEWカラー

2019.11.13

2020年シュマリNEWカラー

年末に差しかかってくるとサクラマスアングラーの方々は新製品やルアーの新色の情報が気になるのではないだろうか。今回は2020年のシーズンに活躍してくれること間違いなしなシュマリの新色たちをご紹介していこう。

 

1

 

今回の新色を作るに当たって、トラウト担当のスタッフで決めたテーマは【パールベース】。現在のシュマリシリーズのカラーラインナップを見ていくと、メッキやホログラムのフラッシングで誘うカラーが多かった。そこで使い分けができるように、パール系などの膨張色をメインに作っていこうということになったのだ。今回はそんな新色たちを各方向からと、UVライトを当てたときの画像と一緒に解説していきたい。

 

【214 アユグレーベリー】

2

今回のテーマは【パールベース】だったが、このカラーはつや消しメッキ風のゴースト。「いきなりパールベースじゃないじゃないか!」と思う方もいるかもしれないが、光量の多いクリアウォーターの場合は光を透過しベイトッフィッシュの様にリアルにアピール。マッディーでは膨張色に近い光り方をしてくれる。グレーのベリーは水中でシルエットをはっきりとさせる効果があり、水がクリアアップした際にはつや消しのなまめかしいボディの輝きと、ベリーとのコントラストで魚にアピールしてくれる。濁り気味な際にはシルエットがはっきりと出るので、魚にもしっかりとアピールしてくれる。

 

【215 スノーピンクⅡ】

3

今回新色を作る際のテーマはパールということで、こちらのカラーはパールベース。その実績の高さからユーザー様の間でひそかに人気であったスノーピンクを、マイナーチェンジさせて復刻させたこのカラー。特に濁りの入っているときの実績は抜群で、今回はベリーにはふんだんにグローも施し、バージョンアップさせた。実はシュマリシリーズでグローを使ったのは今回初めて。膨張系のカラーと紫外線に対して強烈に発光するグローの組み合わせは、濁っているときには迷わずに選んでいただきたいカラーだ。

【開発にいたったウラ話】

今回パールベースがテーマになったのだが、実は現場で悔しい思いをしたエピソードが元になっている。開発担当が米代川に行ったときのことだ。その日は多少の濁りが入っており、開発担当はホログラムベースのチャートやピンク系の派手なカラーのシュマリを使っていた。魚が入っているであろうランを一通り流しても反応が無かったのだが、後から来たアングラーがアッサリとサクラマスをヒットさせキャッチ。祝福の言葉を掛けに行くと、彼が魚をヒットさせたミノーのベースカラーがパールだった。ルアーのタイプ的にもレンジはほぼ同じだったので、違いがあったとすればカラーリング。急いで自分のボックスを確認したところ、パールベースのルアーがひとつも無い。その日は他にもパールベースで魚をキャッチしているところを目撃。案の定、この日は魚からのコンタクトも無く、帰り道にシュマリにもパールベースを作ろうと決意したそうだ。

 

では話をカラー紹介に戻そう。

【216 ブルーバックパールシャートベリー】

4

先に紹介したスノーピンクⅡとはまた違ったパールのカラー。水に馴染みながらもアピールする背中のブルーと、ボディの膨張色であるパール、ベリーのチャートのアピールカラーとのコントラストは様々な状況にマッチできるように考えた結果のカラー。クリアアップした状況でも濁った時にも信頼してキャストできる。実はこのカラー、写真では分かりにくいのだが、他のカラーとはパールの質が違う。ぜひとも現物をご自身の目で確認していただきたい。また、このカラーは秋田のフィールドモニターの門脇氏に調整をお願いしており、様々な状況で試してもらった。雪代で濁っている際にもクリアアップした際にも、渇水の後半戦でもサクラマスをヒットさせており、このカラーだけでも1シーズンで数尾のサクラマスをキャッチしている。

 

5

 

【217 メタルブルーバックオレンジベリー】

6

実は過去にラインナップされていたこのカラー。このカラーは当初は生産の予定はなかったのだが、5月にこの魚が釣れたことをキッカケに、復刻を決意した。

 

7

 

シュマリMD90Fのこのカラーを使い、門脇氏が雄物川水系でキャッチした70.5cm。サクラマスアングラーの夢である70サクラマスをキャッチした記念復刻だ。実績は言うまでもないであろう。このカラーはシュマリMD90Fのみの復刻なので、ご注意だ。

 

これらのカラーは12月中旬入荷予定。実績、自身共にたっぷりでお送りするので、皆様の感動との出会いの手助けとなってくれると思う。各釣具店様の店頭に並ぶのをお楽しみに!

 


Like