Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing社員ブログ 小河川でのブラウン釣り

2020.07.21

小河川でのブラウン釣り

先日道東方面に赴いた際に、少し時間ができた。急いでウェーダーを履き、ガイドに糸を通して手ごろな河川へと入っていく。道から近い河川だったが、肝っ玉の小さな私は熊鈴をカランコロンと鳴らしながら川を歩く。そこまで大きな川ではなく、どんな魚種が出てきてくれるか楽しみであった。

 

t1

 

状況的には渇水のようで、少ない深みにライトニングウォブラーを落としていくと、単発でバイトがいくつかある。どれもサイズは奮わなく、アタリがとても小さい。そのうちヒットしたのは小レインボー。

 

t2

 

レインボーの川なのかと思いながら小さなアタリを得続けていると次に釣れたのは小ブラウン。どうも混生の川のようで、レインボーがかかるとヒットした途端にジャンプしてくれる。ブラウンの場合はウネウネしたり、グルグル回ったりと様々。サイズは伸びないものの要所で魚がアタックしてくれるのでとても楽しい。

 

t3

 

しかしショートバイトが多く、魚のサイズもあまり大きくないので、なかなかフッキングに至らないことが多い。これは渇水の影響か?それとも入渓しやすいがゆえにプレッシャーがかかっているのか?今回はどちらも関係しているように思えた。そんな釣りを続けているとそろそろタイムリミットという時間に・・・

 

あと一つ大場所をやったら退渓と決めてルアーチェンジ。魚たちが見たことの無いようなカラーと思ったので、ラクス60Sのアキノサクラを結ぶ。最後のポイントとなった流心の深みに何投かしたものの反応がない。今までの行程で一番のポイントだけに反応がないのに違和感を覚えた。

 

流心から反応がないので、岸のボサギリギリにルアーを落とし、テンションフォールさせているとルアーがひったくられた。今までのサイズと比べるとずいぶん大きく感じたのは40㎝を若干超えるブラウン。

 

t4

 

してやったりのアプローチでヒットしたこと、プチ冒険でキャッチできたことや、赤い斑点の色合いなど、短時間ながら大満足の釣行となった。毎回こうはいかないのだろうが、こんなことがあるからプチ冒険はやめられない。

 

t5

 

【タックル】

ロッド:エンハンサーカタリストEHCT-59ML-2
ライン:PE0.6号×フロロ6lb
ルアー:ライトニングウォブラー5g/ラクス60S

 

スタッフ田崎

 


Like