Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing社員ブログ プロトのテストと思わぬ出会い

2020.08.19

プロトのテストと思わぬ出会い

今年は色々とあって、春から梅雨にかけてぽっかりとテストの期間に空白ができてしまっていた。さらにはこの豪雨と長梅雨。テストに行きたかった河川もタイミングが合わなかったりと、なかなか予定通りにいかないシーズンだ。

 

そうはいってもテストをしなくては新しいルアーは生み出されないわけで、雨あとの山梨県の河川へと繰り出してきた。今回訪れたのはヤマメとアマゴが混生しており、ニジマスも釣れるという面白い河川だ。

 

t1

 

到着すると川は案の定増水状態。薄い濁りも入っているが、いい方向に働きそうな感じだ。しばらく進んでみるが、チェイスが何回かあったのみ。ようやく釣れたのはかわいいヤマメ。

 

t2

 

テスト中の釣果はサイズ関係なく嬉しいものだ。自分でどんなにいい動きだと思うよりも、現場で魚に評価してもらうのが一番いいと思っている。

 

夜まで雨が降っていた雨上がりの朝だったので、釣りを開始したときはとても過ごしやすい陽気だったのだが、陽が上がりきってしまうとすっかり夏の陽気。人間的にはちょっと辛いものがあるが、条件が良さそうなのもあって足は前へとどんどん進む。

 

t3

 

しかし予想に反してどこまで行ってもサイズが伸びない。一番の大場所でヒットしたサイズも20cm強。

 

t4

 

気づくと退渓点付近まで来ていた。かなりの数の魚が反応してくれたので、テスト的には数パターンのプロトを使えて満足のいく結果だった。しかし欲が出てもう少しサイズが欲しいと思うのは釣り人の性か。最後のポイントに神頼み的にルアーを投じると、この日一番の重量感が。キャッチできた魚を見て驚いたのだが、なんと白点の見事なイワナ。

 

t5

 

この川には度々訪れているのだが、初めてイワナに出会った。増水のタイミングでどこからか湧いてきたのだろうか。そういえばだいぶ上流の方では多少イワナが釣れると聞いたことがあった。テスト内容も上々だし、川の新しい顔を見れて実り多い釣行となった。

 

t6

 

【タックル】

ロッド:エンハンサーカタリストEHCT-59ML-2
ライン:PE0.6号×フロロ5lb
ルアー:プロトルアー

 

スタッフ田崎

 


Like