Trout Fishing記事 | ティムコ

木部 龍夫

Trout Fishingプロスタッフ木部 龍夫 シュマリ50FSで釣る解禁

2015.03.04

シュマリ50FSで釣る解禁

今年も各地で多くの渓流が解禁となり、私もさっそく今春発売予定のシュマリ50FSの動きを確認すべく地元の多摩川へ向かった。しかし今年の解禁日は雨で、おまけに寒いというあいにくの天候となった。

Kibe

 

それでもポイント、ポイントには餌師がしっかり場所を陣取っていて、なかなか動く気配もない。おまけに悪天候の影響もあってか、魚もあまり釣れていないようである。おそらく放流直後の影響で、魚達もまだ水に馴染めてないので、活性が上がっていないのであろう。

 

しょうがないので1時間程、人がいないポイントを攻めたがアタリすら無く心が折れかけていたのだが、たまたま水深のあるポイントに居た先行のルアーマンが移動しポイントが空いたので、シュマリ50FSを結び、1キャスト・・・底を意識しながら、ゆっくりリーリング・・・そして軽くトゥイッチングを入れると「グン!」と今シーズン待望の初フィッシュ!「タコらなくて良かった・・・」と内心「ホッ」とする。

Kibe3

 

続いてキャストをすると、また直ぐヒット・・・それからは入れ掛かりのようになり、ヤマメとレインボーを十数本キャッチできた。餌師も唖然としていて、先行のルアーマンも不思議そうな表情をしていた。シュマリ50Sは瀬では圧倒的なポテンシャルの高さを見せるのだが、淵のような水深のあるポイントは若干物足りなさを感じる時もあった。しかしこのシュマリ50FSの登場により、深場の攻略もより容易となりこれは今シーズンの重要な武器となる。

Kibe5

 

シュマリ50Sとシュマリ50FSの2種類のルアーを状況により使い分けることで、今シーズンの釣果が期待できる釣行となった。

Kibe2

 

 

 


Like