Trout Fishing記事 | ティムコ

木部 龍夫

Trout Fishing  プロスタッフ  木部 龍夫   南会津の渓

2018.07.18

南会津の渓

「伊南川のスーパーヤマメ」・・・この言葉に惹かれ、渓流のルアーフィッシングで自分が初めて遠征をした想い出のある河川が伊南川である。南会津の里川の風景も気に入り、それ以来、脚を運ばし続けている要因になっている事も間違いない。釣果よりもここに来て、釣りを楽しんで懐かしめれば満足しているのかもしれない。伊南川に来ると毎回同じポイントから入川するのだが、今回は別のポイントから入川した。

 

k1

 

水量は非常に少なく、日中はかなり暑くなる予報だったので、朝一勝負になることは想像できた・・・。早速エンハンサー64のガイドにラインを通し、シュマリ48Sを結びキャストする。小刻みにトゥイッチングを加えること数投目、ミノーが脚元まで来た時にヒット! 近距離だったのですぐにランディング出来たが、キャッチしたのはちょっと細身の33cmのヤマメだ。「スーパーヤマメ」と呼ぶには体高がちょっと物足りないが、尺超えであることにホッとした。

 

k2

 

k3

 

その後、堰の下の溜まりを狙うためにシュマリ50FSに交換し、底を意識してリーリング。トゥイッチを入れると先程の尺よりも明らかに大物と思われるアタリがでる。しかし、すぐにテンションが抜けてしまい、ジャンプして飛び出してきたのは40を超えるまさしく「スーパーヤマメ」であった・・・。自失茫然としたが最近、伊南川ではスーパーヤマメも放流しているとの事なので、その残りであったのだろう。

 

その後は別のポイントで27cmくらいのをバラしただけでノーバイトに終わってしまう。この日は晴天で37℃と気温が高く、ウェーダーを通して水温が温いのも伝わってくる人にも魚にもタフコンディション。おかげで魚よりも先に人間がバテてしまいここで納竿とした。良い釣りは出来なかったが「どうせまた来たくなるんだろうな・・・」と思いながら温泉に入り帰路についた・・・。

 

【タックルデータ】

エンハンサー River Master EH58ML
シュマリ48S #192 リアルハクヤマメ

 


Like