Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Trout Fishingプロスタッフフィールドインフォ フィールドモニター門脇赳徳 「竿抜けを探して掛ける桜鱒」

2019.05.07

フィールドモニター門脇赳徳 「竿抜けを探して掛ける桜鱒」

ようやく秋田まで桜前線が北上し、各地で見頃を迎え始めた。私の地元角館でもちらほらと開花しはじめ、満開になるのはいつなのかワクワクしながら過ごしているところだ。桜といえば、アングラーにとってはら銀色のサクラの方がワクワクするかもしれないので、今回も桜鱒釣行のレポートをお届け致します。

 

この日も地元雄物川水系での釣り。水位計を見ながら「もしかしてあそこに入れるんじゃないか!?」そんな予感がして釣友を誘い、3人での釣行となった。まずは友人に釣ってもらうべくポイントの説明をして先行してもらう。「明らかにそこにいる!」と一目でわかるピンをひたすら撃っていくなんとも心臓に悪い釣りで、1投ごとに「来るぞ、来るぞ・・・」と身構えながら釣り下る。

 

先行の友人がシュマリMD90Fで攻めているのが見えたので「じゃあ私は…」とシュマリ90Dをキャスト。しっかりとレンジを入れてそのピンへ送り込む。開始して10分も経っただろうか、いきなり私が操るミノーがグッ、と抑え込まれる感覚がありアワセを入れるが一瞬で外れる。「魚はいる!」と集中してルアーを流していく。

 

自分は複数人で釣りをする場合や瀬で他のアングラーと並んで釣りをするときは、前後のアングラー、特に先行しているアングラーの釣りをよく観察することにしている。ルアーのタイプやトレースコース等を見ていると必ず竿抜けになるピンやレンジがある。釣りのテクニックはもちろん大事だが、ポイントをよく観察して、周りにいるアングラーも観察するようにするとさらにもう一歩バイトへの近道となる…と思っている。

 

そう思いつつ観察しながら釣り続けていると、たまたまレンジの竿抜けとルアーを流すコースの竿抜けを見つけてしまった。そこで釣友が探っていないレンジにしっかりとルアーを入れ、流していないコース導いていく「さぁ、ここで来るぞ…」と思ったところで狙い通りグンッ! とティップが抑え込まれる。落ち着いてアワセを入れてフッキング! グングンとヘッドシェイクの感覚が伝わり、その重みから「なかなかのサイズなんじゃないか?」と慎重にファイト。ロッドの曲がりとナイロンラインの伸びが魚をいなしてくれるため大暴れすることもなくすんなり寄ってきたが、見ると鼻先にフック1本チョン掛かりだ。慎重に魚の動きを見ながらランディングする。

 

k1

 

微妙な掛かり所だったがそれをしっかりとカバーしてくれる9フィート6インチのロングレングス。そしてナイロンラインの伸び。きっとどちらかが欠けただけでも獲れなかった1本だろうと思う62センチのサクラマス。顔や身体に網から逃れてきたのだろう傷「これから長い道のりなのに申し訳なかったな・・・」と少し複雑な気持ちになったが、感謝してすぐさまリリース。

 

k2

 

釣友より早く1本釣れてしまったので、その後はもう1人の釣友にも先行してもらい2人を追いかけながら釣る展開に。前の2人はMD系ミノーとスプーンを投げていたので今度はシュマリバイブをチョイス。正直、ナイロンラインでバイブレーションを投げても何をしているかよくわからないので好きではないが「ここは水中のイメージがしっかりできるので大丈夫だろう」ということでキャスト再開。

 

沖にキャストしてしっかり沈め、ブレイク付近でジャークを入れて回収。「イメージは完璧なのだが果たしてどうなんだろうな〜」と思いながら繰り返すこと数分、ジャークを入れてブレイクを通過したところでズドン‼と強烈にヒット。一気に走ろうとする魚を今度はやや強引に止めようとするが「そういえばフックが小さかった・・・」ドラグを出しながら騙し騙し止め、慎重に寄せて隙を見て一気にランディング。

 

k3

 

さっきの魚より元気だったがサイズダウンの55センチ。サイズが下がったとはいえ嬉しいことには変わりはない。先程よりも激しいファイトを魅せてくれたのでこちらはもうヘロヘロだ。しっかりと蘇生してからリリース。元気に流れに帰っていく姿を見るとやはりこちらとしても気持ちがいい。たくさん子孫を残してもらって、また私達を楽しませて頂きたいものだ。

 

k4

 

その後は移動を繰り返し、なんとか釣友にもキャッチしてもらいこの日の釣りが終わった。自分も釣れ、釣友にも釣れてなんとかハッピーエンドで終われたのでホッと胸を撫で下ろす。「今度の釣りはどこでどんな釣りを組み立てていこうか?」「気になるエリアもあるし、そろそろそっちも見に行ってみようか?」と期待を胸に帰路に着いた。

 

【タックルデータ】

ロッド:エンハンサーカスタム アグレッシブプラッガー EHC-HS96
リール:セルテート2500
ライン:バリバス ビッグトラウト10lb×フロロリーダー20lb
ルアー:シュマリ90D 209 HIRO-SP HGハバネロアップルグリーン、シュマリバイブ70S 004 HGレッドベリースモルト

 

 


Like