Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Trout Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   フィールドモニター林洋 「代掻き濁りの九頭竜川にて」

2019.05.08

フィールドモニター林洋 「代掻き濁りの九頭竜川にて」

平成最後のサクラマスアンリミテッドミーティング2019への参加を兼ね、当日の朝に九頭竜川で竿を振ってきました。前回釣行から1か月半ほど経ち、川の状況も渇水に向かって来ています。田植えの代掻き濁りも入っていましたが、水位と状況から前回釣行時に目を付けていた場所に決めました。

 

朝になり、辺りが明るくなってきたので堤防を上がり遠くからポイントを見ると既に数人が竿を振っています。前日からの急激な冷え込みを考慮して ここぞというピンポイントに狙いの時合に入る為に少し時間を潰してからポイントへ。先行のフライマンに挨拶して声をかけると気持ちよく上流へ入らせて頂けました。

 

手持ちのルアーの中から「この水色ならこの色」とシュマリMD90F HIRO-SP HGオレンジゴールドを選び、先行者と十分な距離を取って釣り下ります。数人の先行者が居る為、なかなか狙いのピンポイントに辿り着きません。ようやく核心部に入り、濁りを考慮してルアーがターンした後はいつもより少しスローに誘うと、何となく柔らかいものに触れたような違和感が・・・ 軽く聞き合わせすると、魚と確信できる手ごたえ。すぐさま合せを入れるとサクラマス独特の首振りの感触が伝わってきます。

 

それほど大きい魚では無い事は手ごたえで直ぐに分かりましたが何故か浮いて来ません。しかもあまり走らないので「掛かり方が普通ではない」と思い、遠目で慎重にファイトしながらゆっくりと寄せ、浮いたところで一気にネットイン!

 

S__15548418

 

予想通り、顔の外側にテールフック1本掛かっているだけで少しだけ針が外側に向いていました。PEラインにナイロンリーダーだった為、かなり慎重にやり取りしたつもりでしたが危なかった・・・

 

S__15548420

 

濁り時にはファイヤータイガーや新色のオレンジゴールドが効くと思います。今回は自信をもってのカラー選択が功を奏しました。

 

【タックルデータ】

ロッド:エンハンサーカスタムアグレッシブプラッガーEHC-HS96
ルアー:シュマリMD90F 210HIRO-SP HGオレンジゴールド
リール:ツインパワーMG4000
ライン:PE1.2号
リーダー:ナイロン20lb

 

 


Like