Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Trout Fishingプロスタッフフィールドインフォ フィールドモニター林洋 「新緑の渓流にて」

2021.06.03

フィールドモニター林洋 「新緑の渓流にて」

私の住む岐阜県の渓流は近年プレッシャーが大分高くなって来た。地元の岐阜県だけでなく、近隣の県、また遠征だと思われる数人での遠い県のナンバーも毎回のように目にするようになっている。例年、サクラマス釣りが一段落してから渓流に入る私には厳しい状態だ。GWも終盤に差し掛かった頃、今年初めてホームリバーを訪れた。

 

前日の夜に釣りの準備をし、朝一だけは目当ての場所に入ろうと早目に出発したが途中で忘れ物に気付いて家に戻ることに・・・とんぼ返りして再度釣り場に向かったが、到着した頃には既に日は高く昇っていた。この時点で良さそうなポイントは、どこも先行者が叩いた後となるのはわかっていたので、敢えて当初入ろうと思っていたポイントに向かう。到着すると幸い既に先行者は移動した後だった。

 

前日の雨で洗われた河原に真新しい足跡がしっかりと有るのを確認して高い所からポイントをよく観察する。何時もなら5フィートクラスのロッドで入る所だが、今回は人と違うコースを流す為、敢えて7.2フィートのロッドで遠目から狙う事にする。

 

「魚が残っているとしたらどこだろうか?」

 

数か所に狙いを定め、まずは手返しの良いラクス60Sで探るが反応が無い。5cmのミノーでは狙いの距離まで届かないのでライトニングウォブラーを流すがどうも思うようにピンポイントでターン出来ない。

 

手持ちのルアーで何とかなりそうなシュマリ67Sに換え、再度攻め直すと数投で結果は出た。ゆっくりと沈めた後にターンさせてリトリーブし、掛け上がりで軽く誘うと狙い通りにヒット!!重量感の有る、のた打ち回るような引きが落ち着いてきた所で引き寄せ、ネットに収まったのは尺を優に超える大イワナ。

 

m111

 

この川でこのサイズは何年ぶりだろうか。すっかり満足して写真を撮った後、元の流れにリリース。気を良くして午後も頑張ったが午後にラクス50Sでイワナを1匹追加しただけで終了。目の前でラクス50Sの特徴であるシミーフォールで食わせたので これも嬉しい1匹。

 

m22

 

しかし、その後はイワナのチェイスが1回有っただけでアマゴは稚魚のチェイスさえ無かった。厳しいシーズンになりそうだが価値ある一匹を追い求めて行こうと思う。

 

【タックルデータ】

ロッド:エンハンサーカスタムアグレッシブプラッガーEHC-HS72
ルアー:シュマリ67S、ラクス60S、ラクス50S、ライトニングウォブラー、シュマリ50S他
リール:シマノC3000
ライン:PE0.6号+リーダーナイロン8lb

 


Like