カスタマーサービス

お手入れ方法

DIYで長く快適に

アイテム別お洗濯方法

お手持ちの製品を少しでも長く、そして快適にお使いいただくために、日々のメンテナンス方法をご紹介いたします。
フィッシングベスト
洗濯法:
手垢や汚れは想い出や経験を語る勲章だと思ってください。洗濯すると撥水性が落ちたり、ポケットが多いので、水の抵抗で生地を傷める原因にもなります。ひどく汚れない限り、基本的にはあまり洗いません。洗う場合には「手押し洗い」で。洗濯後撥水スプレーをご使用ください。
レインウエア
洗濯法:
表面に汚れが付着すると撥水性が低下しますので、まめに洗濯機で洗ってください。水を多めに使ってすすぎを十分に、洗剤をきれいに落としてください。脱水はせず、ハンガーに吊るしてそのまま陰干しします。また乾燥機は中温でご使用ください。洗濯後、中温で(当て布をして)、アイロンをかけると撥水性が回復します。度重なる洗濯で撥水性能が低下してきたら、フッ素系の撥水スプレーを、多めにかけてください。乾燥後、さらに中温でアイロンをかけると撥水膜が安定します。
フリース素材
洗濯法:
裏返しにしてフロントジッパーを締めて、洗濯機で洗ってください。表面のピリング防止になります。柔軟剤を使用すると風合いが良くなり、静電気防止にも役立ちます。熱には弱いので、乾燥機、ドライクリーニングはお避けください。もちろん手洗いでもかまいません。
ダウン(羽毛)素材
洗濯法:
まず風通しの良いところで陰干ししてください。ダウン本来の撥水性、油分が抜けてしまったり、ロフトを失う原因となりますので、基本的にはあまり洗わないのがベストです。ジャケット表面の汚れは、洗剤を溶かしたぬるま湯をタオルに染み込ませ、汚れた部分を拭いてください。後に洗剤が残らないように拭き取ってください。その他にダウン専用の洗剤や専門店でのクリーニングも可能です。
ザックおよびパック類
洗濯法:
全てのジッパー、ドローコードを全開にして、風通しの良いところで陰干ししてください。乾燥後、こびりついた泥はブラシで簡単に落とせます。洗剤を溶かしたぬるま湯をタオルに染み込ませ、汚れた部分を拭いてください。その後洗剤が残らないように拭き取ってください。異素材をライニングしたり、クッション材やフレームなどを使用し、構造が複雑ですので、丸洗いはお避けください。水分が完全に抜けきらない場合があります。
シューズ
洗濯法:
まず十分に乾燥させてください。靴の中には新聞紙を詰めて、水分を吸い取ってください。その際新聞紙はまめに取り替えて。表面の泥などの汚れは乾燥後のブラッシングで大抵はきれいになります。基本的には丸洗いは避けてください。靴の内側は乾きにくく、縮率の異なる素材をライニングしているため、剥離の原因にもなりやすいのです。

お手入れの仕方:
オイルドレザーや表革のシューズには、撥水スプレーやミンクオイル、靴クリームなどを使用してください。ベロアやヌバックなどの表面起毛のシューズは、ブラシで汚れを落とした後、撥水スプレーをご使用ください。ミンクオイルや靴クリームなどは変色や表面の風合いを損なう場合があります。合皮の場合もこれと同様です。
ウェーダー
2つおりでも逆さでも構いません。釣行後は必ず干して下さい。ただし、ゴム製のサスペンダー部で濡れたウェーダーをつるすとゴムが伸びきってしまうのでご注意下さい。
汚れ落とし
泥等が気になる場合はスポンジで軽くこすります。タワシ等の硬いもの は不可。できるだけ手押し洗いで。ソックフットの場合体重がかかるネオプレーンソックス底部、特に親指の付け根の部分がやせて薄くなる場合があります。薄くなった時は、水漏れする前にやせた部分へアクアシール、3Aウルトラフレックスを塗っておくと釣り場での急な水漏れを防げます。市販の撥水スプレーをご使用されても透湿性が失われるようなことはございませんので、ご安心してお使いください。撥水スプレーをご使用になる前に、ウェーダーの汚れを十分に落とし、 乾かしてからご使用いただければと思います。
ウェーディングシューズ
陰干しして下さい。特に大半を占める革製のシューズ。日なたに干すとバリバリのひものになってしまうので必ず陰干しです。その際つぶれた形になっているとそのままの形に乾燥してしまうので注意。 また、縫い目のステッチ部にアクアシール、3Aウルトラフレックスを塗っておくとステッチ切れ防止になります。フェルトの交換はミッドソールがのぞく前にお早めに。