川からトローリングまで、トラウトルアーやロッドからフィールド情報など、ティムコのトラウトフィッシングに関する総合トップページ

Trout Lure Fishing

  • サイトマスター2017モデル
Trout fishing
  ⑤
社員ブログ

渇水の北関東へ

GWからの一ヶ月、思うような釣果に恵まれない私は大物を探しに利根川へ。関東近郊はどこも渇水の中、潤沢な水量を保ち続けている利根川。下流部で利根マスの遡上の噂も聞こえてきていたので、あわよ
Trout fishing
  MizunumaEyeC3
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「雨の源流」

6月初旬。前日の予報通り、朝から雨が降り続いていた。この日、釣友の片田さんと共にとある源流に向かう予定だったのだが、ちょっと不安になるような雨量で、目的地の天気予報を見ても降水確
Trout fishing
  TamaEyeC4
社員ブログ

多摩川は上り調子

前回の釣果に味をしめた私は、今回も多摩川へ向かった。雨上がりのタイミングとあって、おのずと大物に期待がかかる。まずは大物の実績の高いポイントへ。    
Trout fishing
  P5270131
プロスタッフ 木部 龍夫

木曽川釣行

毎年、年に一、二回は木曽川上流部に釣行する。時期的にはGWか猛暑の夏に涼みに行くのが目的でトラウト達の活性も落ちだしている時期であった。しかし今年はホームグランドとしている利根川もまだ依然と
Trout fishing
  ①
社員ブログ

地元の魚に出会う

先週末は2日連続で近所を流れる多摩川へ。今回は短時間勝負の2連戦であった。1日目は久しぶりの朝練と称して、出勤前の一時間半だけ多摩川へ。約2年ぶりの多摩川。一番近いポイントまで10分と
Trout fishing
  image1
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「藪を抜けたその先に」

5月下旬。真夏のような気温になった前日、前々日とは打って変わっての曇天に小雨。仕事の休みが取れたので宮城県の某渓流へと向かいました。到着したのは正午過ぎ。水量も若干高め
Trout fishing
  P5200108
プロスタッフ 木部 龍夫

今シーズン初の利根川水系

5月も中旬となり、今シーズン初の利根川釣行に向かった。今年はこの時期としては例年より水量も多く、濁りも入っているのは承知の上での釣行であった。しかし、「利根川戻りヤマメ」に会い
Trout fishing
  ⑥
社員ブログ

雨の桂川

GWの喧騒も過ぎ去った雨の桂川へ行ってきました。今回向かったのは桂川漁協管轄の場所。この時期になると、稚鮎を食して大きく成長したヤマメが狙えるので、6月の鮎釣りシーズンの開幕前にのびのびと満喫
Trout fishing
  170519scoron_cp_banner
製品ニュース

現金10万円が当たる!スコーロン®キャンペーンのお知らせ

フォックスファイヤーが2008年から開発してきた、着ているだけで防虫効果を発揮し、洗濯耐久性、UVカット機能も併せ持った高機能素材『スコーロン&
Trout fishing
  ①
社員ブログ

寄り道の渓流で

GWのサクラマス遠征の帰宅途中。少しだけ時間に余裕ができたので、アテもなく近くの渓流に飛び込みで入ってみた。釣りができるのは1時間半程度なので、入渓が簡単なポイントを選択。GW最終日の夕
Trout fishing
  ⑥
社員ブログ

秋田県へサクラマス釣行

こんにちは。近年、個人的に力を入れている釣りが、河川でのサクラマス釣り。ゲーム性の高さ、荒々しいファイト、魚のアベレージサイズの大きさ、魚体の美しさ、そして手にしたときの感動の大
Trout fishing
  image1-(3)
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「本流ヤマメと沢ヤマメ」

ゴールデンウイークも明け、私の住む宮城も本格的に魚が動き出すシーズンになりました。仕事の忙しさもひと段落し、休みも取れたので、さてどこの渓流に入ろうか‥そろそろ本流ヤ
Trout fishing
  8
社員ブログ

春を迎えに伊豆へ

4月の中旬に狩野川へ行ってまいりました。4月に入り解禁から1ヶ月経ったとはいえ、ほとんどの河川はまだ春らしさが見られない日ばかり。そこで自ら春を求めて、温暖な伊豆へと足を運びました。
Trout fishing
  Honda111
社員ブログ

追波川でサクラサク

昨年は例年ならフレッシュランが入るであろうタイミングを狙い、頑張って営業日程を調整したのだが見事にハズレ・・・やはりフレッシュな情報を元にポイントに向かう大切さを実感した。それともよ
Trout fishing
  渓流_虹鱒1
プロスタッフ フィールドインフォ

フィールドモニター土谷英樹 「GWハイプレッシャーの中での本流イワナ」

5月4日、毎年恒例となっているゴールデンウィーク真只中の釣行。いつもの通い慣れた河川は、GWともなれば釣り人の多さに驚くばかり。今
Trout fishing
  SakuraEyeC6
プロスタッフ 廣瀬 弘幸

ライトニングウォブラーでサクラマス

近年、渓流の大物で大活躍しているライトニングウォブラー。きっとサクラマスにも効果的なはずと今年はベイトタックルとのコンビで使用。そしてゴールデンウィークの真っただ中の
Trout fishing
  HiroseEyeC777
プロスタッフ 廣瀬 弘幸

シュマリディープ・ヒロスペピンクタイガーでサクラマス

増水後の好条件、早起きし仕事前に九頭竜川へ。予想通りどのポイントも多くの釣り人がいる。五松橋下流にも何人かの釣り人が居たが、スペースを見つけシュマリ
Trout fishing
  P3050001
プロスタッフ 木部 龍夫

解禁と渓流用ミノーの拡充

昨年から今年にかけて、ティムコでは渓流用ミノーのバリエーションの拡充が目立っている。そんなミノーに心を躍らせて、地元の多摩川の解禁に向かった。この時期のトラウトは、お世辞にも綺
Trout fishing
  image2
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「渓流解禁!」

渓流解禁!渓流釣りが好きな人は、全員が待ちわびる日ではないでしょうか?私も数日前からそわそわし、Foxfireカウンターエイトスリングに道具を詰め込んだり、ボックスのルアーを入
Trout fishing
  InsideStory8_001EyeC
社員ブログ

【Sight Master】インサイドストーリーVol.8 「釣りに必要な遮光性とは何か」

  いよいよサイトマスターの2017年新モデルが発表になりました。インジェクション2型、メタル
Trout fishing
  fishing_catalog2017EyeC
製品ニュース

2017年フィッシングカタログが完成しました

2017年のティムコ・フライカタログおよびルアーカタログがそれぞれ完成いたしました。順次店頭にも並び始める予定ですので、ぜひご覧になってください。 &
Trout fishing
  image2
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「管理釣り場でトップウォーターゲーム」

ネイティブトラウトシーズンも終わり、何か楽しめる釣りがしたいと思い、手軽に釣りができる管理釣り場へと出掛けてみました。   午後からの釣り
Trout fishing
  image2
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「逞しく生きる魚たち」

8月末、東日本、北日本を通過した台風10号。その被害は甚大で未だに復旧のメドすら立たない地域も多数。私の住んでいる宮城では昨年のシーズン終了間際の集中豪雨ほどの被害は無
Trout fishing
  hiroseeyec2000
プロスタッフ 廣瀬 弘幸

ライトニングウォーブラで本流尺ヤマメ

渇水続きの川も昨日の雨で魚達の活性もあがり、大場所のヤマメ・アマゴも流れに出ているはず。そう思い大場所の大物に狙いを定め、まだ薄暗い川に立つ。エンハンサーRIVER