Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   初夏の雰囲気の朱鞠内湖

2016.06.02

初夏の雰囲気の朱鞠内湖

今年も5月の最終週に朱鞠内湖に行ってきた。今回は26日(木)~29日(日)の3泊4日で、いつもの5月の朱鞠内湖釣行よりも1日長い日程だ。但し、今回も水位はほぼ満水で狙えるポイントが限られてきているというのと、前の週に北海道で記録的な真夏日となり一気に季節が進んだようで、エゾハルゼミが鳴いているという既に初夏の雰囲気で、釣れるかどうか少し不安なスタートとなった。

 

photo1

 

 

初日は昼からの釣りだったが、漁協の中野さんチョイスで初めてのポイントに渡船。ここは、ここ最近の急な水温上昇の中でも比較的水温が低く保たれていてイトウが良く釣れているという場所で、いい感じに風も当たっていて期待が持てる。ワクワクしながらキャストを繰り返して広く探っていると、開始2時間程の14時頃に待望のヒット。久しぶりのイトウの感触を楽しみながらも、最初の1匹なのでバラさない様にと急いでネットインしたのは、産卵後の魚ではあったが66cmのイトウで、嬉しい一匹だった。

 

photo2

 

 

まずは最初の魚をキャッチ出来たので安心して釣りを再開すると、直ぐに小振りなイトウが再びヒットし、その後の17時前にも52cmと大きくは無いが元気でサイズの割に良い引きのイトウがヒット。さらには昼間から気になっていて何回か狙っては見たものの、水位が高くポイントに直接立ち込まざるを得なくて当たりが無かったポイントで、絶対夕方魚がまわってくるでしょうと再び入った18時少し前に、この日最大の78cmをキャッチすることができた。残念ながらウェアラブルカメラの電源を入れ忘れていて動画が撮れていなかったが、今年は産卵しなかったと思われるコンディションの良い魚体で、強い引きを味わうことが出来て初日にして既に満足の一匹となった。

 

photo3

 

 

二日目は、去年の春と秋にも渡ったがバラシのみで、まだイトウをキャッチしていなかったポイントに入った。しかし、この日もいい風が吹いていて12時頃と15時半過ぎに62cmと67cmのイトウをそれぞれキャッチ。さらに夕方に小振りなイトウをキャッチして、計3匹のイトウと数匹のアメマスや小サクラと遊ぶことが出来た。

 

photo4

 

 

三日目はさすがに少し疲れが出てきたので、12時で早上がりして午後は昼寝したり撮影した動画の編集をしたりとのんびり過ごしたが、この日も強い風が吹いていて朝の釣り開始30分でヒット。ここは去年の秋に80cmアップをバラシてしまったポイントだが、今回は全く同じ場所でしっかりと今回最大の83cmをキャッチすることが出来た。(岸際が急深のうえ波がザブザブで、サイズを測るのも大変だったので写真は撮らず)。他にも40cm台の元気なサクラを3匹キャッチしたり、50cm台前半のイトウをネット入れ直前にバラシたりと、魚っ気は結構あって午前中だけの釣りでも十分満足することができた。

 

最終日の4日目は14時までの半日勝負で今回初めて渡船したポイント。前日の午後ゆっくり休んだので気合い十分で釣りが出来たが、この日の朝は無風の鏡状態。昼前から北風が吹いてきていい感じの潮目が出来て凄く釣れそうだったが、そのタイミングではウグイしか釣れなかった。しかし、朝7時過ぎに少しだけそよ風が吹いて水が動いた時に、運よく72cmのイトウがヒットしてくれて、アブレを逃れることができた。

 

photo5

 

 

なお、今回は去年の秋に買ったヨランアンダーソンシグネイチャー8116-4を4日間フルに使ったが、ダブルハンドにしては短いので軽く振ることが出来て腕が疲れることも無く、また、ネット入れもそんなに苦労せずに出来た。勿論80cm台のイトウのパワーにも負けることなく、逆に40cm台のサクラやアメマスでもそれなりに曲がってくれて引きを楽しむことが出来たので、予想通り朱鞠内湖でのイトウ狙いに凄く合っているようだ。また、前回の松前での海アメ狙いでも磯周りで使い勝手が良かったので、今後の北海道釣行のメインロッドとなるだろう。

 

photo6

 

 

また、朱鞠内湖は毎回良い釣りをさせて頂いているが、これも確実に魚がいて自分達だけでのんびり釣りが出来るポイントに案内してくれる漁協の渡船システムや、いい魚が今後も釣れるようにシングルバーブレスフックによるキャッチアンドリリースの徹底。疲れた体を休めるレークハウスのもてなしがあってのことだと思う。それらと釣れてくれる魚達に感謝しながら、まだ日程が決まってはいないが、夏休みか秋に再び訪れることを心に誓うのだった。

 

 

 

【タックルデータ】
ロッド: LOOP GASSダブル 8116-4 パワーラックス
リール: LOOP エヴォテック G4 HD9-13リール オレンジ
ライン: SA STダブルOH&D チェンジST29G/8S S1/S2 バット側18mカット
リーダー: TIEMCO OH&Dシンキングリーダー ダブル 14FT 01Xまたは02X、またはOH&Dリーダーダブル 14FT 01Xまたは02Xをティップ側とバット側それぞれ30cmカット。
フライ: TMC202SP#2にキールに巻いたフラッシュストリーマー

 

OGGY

 

 


Like