Bass Fishing記事 | ティムコ

製品ニュース

catalogEyeC1

2018.01.31

2018年フィッシング総合カタログが完成しました

2018年のティムコ・フィッシン... more
UnderhandEyeC

2018.01.15

2番ロッドで湧水の天然ニジマス

昨年の秋に湧水の川に行く機会があった。その川はとても小さい川で水草がいたるところ生えていて、両岸も草で歩くのが困難な状態だった。聞けば天然のニジマスがいるという。この釣り旅は山岳渓流の釣りをメインに考えていたのでイワナ用のGASS288を使ってみた。川は水の中も外も草だらけで、オーバーヘッドでもフォルスキャストを何度もすると後ろの草にフライが取られる。... more
rodtrialEyeC

2018.01.12

2018年ティムコフライロッド&フライライン試投会開催のお知らせ

ティムコではユーフレックスのニューアイテムやOrvisのニューフラッグシップロッド「ヘリオス3」、そしてSAフライラインの最高峰「アンプリチュード」など2018年も期待の新製品が目白押しとなっています。そんなロッドやフライラインを、お客様ご自身が手に取り、実際に振ってみる、そういった機会を今年は数多く企画しています。  ... more
photo1

2017.12.07

クロスS1スイッチで釣る秋の芦ノ湖

11月27日(月)にこの秋2回目の芦ノ湖に行ってきた。今回は先日買ったばかりのクロスS1スイッチCRO7107-4MFを使用。私は今迄スイッチロッドを使ったことが無かったが、短いダブルハンドと考えれば朱鞠内湖のイトウや松前の磯での海アメ、中禅寺湖や芦ノ湖などでも使い勝手がいいのではないかと思い買ってみたのだ。   ... more
photo1

2017.11.21

湖に響く叫び声

今年の秋は10月21日(土)~24日(火)と11月11日(土)~13日(月)の2回朱鞠内湖に行ってきた。というのも一度雪景色の中でイトウを釣ってみたいと思い、去年の11月末にも朱鞠内湖に行ったのだが、湖が結氷してしまい殆ど釣りができなかったからだ。そこで、今年は秋のベストシーズンと思われる10月の下旬と、雪が積もっていると思われる11月半ばの2回挑戦す... more
oggy_carp00

2017.11.08

芦ノ湖の大物?

先週末の3連休の初日11月3日(金)に、この秋初めての芦ノ湖に行ってきた。この日は穏やかな秋晴れで快適だったが、逆に湖の釣りには穏やかすぎて魚の活性が今一つのようで、少し沖をボラのように跳ねるトラウトや足元の浅場を泳いでいるイワナやブラウン等を何度も見かけたが、フライには殆ど反応しなかった。   とはい... more
saigawaEyeC

2017.10.20

シンクティップシステムで犀川のレインボー

10月の半ばに長野の犀川で釣りをするからとT君とH君が誘ってくれたので車に乗せてもらい朝5:00に出発。高速で行けるのでさほど遠い感じはしないが、それでもやはり近くはない。ポイントはここら辺だと川の見える道を走って、コンビニに寄った。   ... more
seabassEyeC

2017.10.16

大雨の後のボートシーバス

今年もこの時期がやってきた。9月から11月のフライによる水面炸裂シーズン。今回は9月の祝日に初乗船。前日に大雨が降ったようで水はかなり濁っている。キャプテンは可能性のあるポイントを巡ってくれるがなかなか魚が出ない。この釣りは釣れるときは腕が痛くなるほど掛かってくるが釣れない時は本当に厳しい。   ... more
IMG_1161

2017.10.10

10/8 フライボートシーバススクール

9月10日に実施した事前講習会に引き続き、2日目の10月8日いよいよ実釣です。1ヶ月前の事前講習会ではタックルやフライ、ノットの説明、ポイント、釣り方の解説を行い参加者の皆さんには今日まで準備をしていただきました。実釣日当日は気持ちのいい秋晴れでしたが、前日の雨の後に潮が極端なすみ潮になり、朝便は非常に苦戦しましたが昼便、午後便ではそこそこ反応もありま... more
underhandEyeC

2017.10.03

エヴォテックキャスト390Mで9月末のイワナ釣り

9月の禁漁間際に信州の渓を訪れた。山を登り、崖を下りてたどり着くと源流らしく大岩が連続している。簡単には行けない所とはいえ自分が行けるという事は誰でもいけるということでもあるわけで、シーズン中それなりに人が入っていたのか、釣りはじめからしばらくは魚が全くいなかった。   ... more
photo1

2017.09.21

今年の夏の楽しみ

今年の夏は家の近くの川で雷魚を狙ってみた。雷魚は子供の頃は近くの池や用水路などに沢山いて、大学生位まではルアーだけでなくフライでも狙って釣っていたのだが、最近はまとまった生息場所が少なくなって、家の近くでは時々匹だけ見かけることはあっても、狙うほど数多くいる場所が無かったのだ。   しかし、昨年見つけた... more
photo1

2017.09.20

夏と秋の狭間の朱鞠内湖

今年の夏休みは道北に行ってきた。最初は枝幸の海でカラフトを狙ったが、カラフトマスは全くいなくて小さなソイが釣れただけ。夕方沖にサケの姿は少し見えたが、残念ながら近くには寄ってこなかった。その後渚滑川では、ビッグドライの釣りで幾つものニジマスを楽しむことができたが、コンディションも最高の一番いい魚はばれてしまい、キャッチできた良いサイズの魚は成魚放流ばか... more
UnderhandEyeC8

2017.09.05

木の下のライズ

真夏の北海道の川を釣りあがっていた。その日はなかなか魚が釣れなかった。ここぞと思うポイントでも魚の反応はなく、そういう時は魚がいないか、魚がいても、どのポイントも魚が釣れないので一生懸命歩いても状況が変わるとは思えなかった。あきらめながら最後のプールに来たとき、その日初めてのライズを確認した。   ... more

関連記事