川からトローリングまで、トラウトルアーやロッドからフィールド情報など、ティムコのトラウトフィッシングに関する総合トップページ

Trout Lure Fishing

  • 着る防虫スコーロン
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

秋の鬼怒川尺ヤマメ

9月の半ばに禁漁間際の鬼怒川水系の渓流へと向かった。今回は先輩にカメラマンをお願いして、新製品のテストと撮影もかねての釣行。先輩に1日カメラマンをやってもらうこともあり、道中はちゃん
Trout Fishing
  k2
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「秋の渓歩き」

平成30年7月豪雨に続き、日本列島を襲った台風21号、さらに北海道胆振東部地震と、今年は大規模な災害が続いています。被災された方々に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い
Trout Fishing
  kibeeyec
プロスタッフ 木部 龍夫

秋の気配

今シーズンも残すところ あとわずか・・・     群馬県の利根川でのルアーフィッシングが解禁になってから、今年ほど利根川に通わない年は初めてである。春は水量が多くて「今年
Trout Fishing
  hondaeyec
社員ブログ

マムシに咬まれました・・・

・・・前回の記事より続く   入渓ポイントを見失い、とりあえず大丈夫そうな所から登ろうと斜面に手をつくと針で突かれたような痛みが左手薬指に走る・・・。バッと手を引い
Trout Fishing
  s_写真③
社員ブログ

潜水艦を狙え!

今回は以前からこの時期に行くと決めていた丸秘ポイント。大物が入っている可能性が高く、アプローチも両手を空けないと行きにくい厳しい場所と言う事もあり、テスト中のパックロッドにピッタリなのだ
Trout Fishing
  t1
社員ブログ

晩夏の多摩川と濁り攻略

「お盆を過ぎると秋向けて魚が動き出す」大物を釣る釣り人から良く耳にする言葉だ。その言葉を信じて私もお盆明けに多摩川へと繰り出していった。ちょうど雨あとの増水が落ち着いたタイミング
Trout Fishing
  t6
社員ブログ

渇水の渓流と軽量ミノーのローテーション

お盆直後の休日。人によってはお盆最終日に当たる日曜日に、友人と群馬の渓流へと向かった。渇水状態だと思っていたので厳しい釣りを予想して川へと入っていく。案の定現地に
Trout Fishing
  yeyec
社員ブログ

夏の夕マヅメと木曽尺アマゴ

岐阜の一部で大雨の影響で災害レベルの被害が出たのは皆様の記憶に新しいだろう。私も釣り場や、岐阜に住む友人の安否が心配になったりもした。その被害があった週から数週間後。水系は違
Trout Fishing
  k1
プロスタッフ フィールドインフォ

川口慶 「真夏の幻」

平成30年7月豪雨による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。自分の住む地域は、奇跡的に豪雨による災害は起きず、梅雨明けを迎え
Trout Fishing
  t2
社員ブログ

桂川の盆鱒 ロッドテストと2匹の尺ヤマメ

このとても暑い8月にも近場でヤマメが釣りたいという贅沢な私は、ロッドのテストもかねて桂川支流へと向かった。季節はちょうどお盆。本当はもっと涼しい山岳系の川に行け
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

プロトミノーで木曽川水系イワナ乱舞

夜も寝苦しい連日の暑さにまいっていたが、私の住む青梅が東京初となる40度越えになった日、私はちょうど上司と青梅にいた。車のクーラーを全開にしても外気温と日差しで車内は
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

エンハンサーカタリストEHCT-59ML-2開発記

ティムコトラウトのブログ記事や、SNSをチェックしていただいている方はお気づきだと思うのだが、現在2019年の新製品のテストを進めている。今回は最近
Trout Fishing
  t2
社員ブログ

エンハンサーカタリストEHCT59ML-2プロトで岩手尺ヤマメ

岩手の友人を誘ってヤマメで有名な岩手の渓流へと向かった。私自身、岩手には何度もお邪魔しているのだが「いい結果を出せたためしがない・・・」と
Trout Fishing
  teye
社員ブログ

理想の山女の川

秋田に行った際に友人を誘って雄物川水系の支流へ向かった。春に一緒にサクラマスをやっているときから「あの川に”ヤマメ好きな田崎”を連れて行きたいな~」といってくれて
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

桂川スーパーレインボー

「今年も渇水で泣く時期が来たな・・・」そう思いながら7月の週末に桂川へと向かった。夜明けと共に釣りを開始するが、案の定渇水でチェイスすら見えない。「淵も深瀬も反応が無いとなると荒
Trout Fishing
  t02
プロスタッフ フィールドインフォ

フィールドモニター土谷英樹 「プロトミノーでイワナ連発!」

釣行前日は、私が住んでいる辺りでも40℃を超える記録的な猛暑日となった。そんな酷暑の中、渓流の避暑地を求め岐阜へと車を走らせる。今回はスタッフ
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

夏のボサ川フィッシング

夏になるとボサが生い茂り、遡行が大変な川が増えてくる。そうすると釣り人が減るので魚は残るのだが、いざ進んでみるとクモの巣はすごいし、虫は身体にまとわり付くわ、川原がないので歩くの
Trout Fishing
  teyec
社員ブログ

ロッドテストで桂川尺ヤマメ

私自身、ほとんどの場合PEラインを使っているのだが、今回はプロトロッドとナイロンラインとの相性を確かめるために桂川水系へと向かった。プロトのロッドをナイロンメインで使ってもら
Trout Fishing
  t2
社員ブログ

渇水の鬼怒川尺ヤマメ

そろそろ本流の大ヤマメが欲しいと思い、本流に繰り出す毎週末。利根川に行ったりもしていたが、なかなか魚の尻尾が掴めない日々が続く。そして利根川の放水が終わってしまったところで、私は利
Trout Fishing
  keyec1
プロスタッフ 木部 龍夫

信州でのロッドテスト

猛暑が続く中、エンハンサーカタリストEHCT59MLのテストを兼ねて信州の渓に向かった。自分の考えの中では59というレングスからすると、川幅はそれほど広く無く、対象となるトラウトの
Trout Fishing
  teyec1
社員ブログ

シュマリ50Sで木曽川攻略

アユ解禁前に木曽川水系の河川へと赴いた。夜中に現地について車で仮眠していたら、あろうことかガッツリ寝坊をかましてしまった。“仮眠は熟睡” 仲間内で使わ
Trout Fishing
  m4
プロスタッフ フィールドインフォ

水沼智宏 「夏ヤマメは一里一匹」

7月に入り、私の住む宮城でも鮎が解禁。本流は鮎師達で賑わっていましたが、気温は毎日30度を超え、一部の河川では水温が上がりすぎて、マスが酸欠を起こして死んでしまうという
Trout Fishing
  keyec
プロスタッフ 木部 龍夫

夏の小渓流を楽しむ

連日、猛暑が続くと水温が上がってしまい、トラウトの活性も下がってしまう。本流での朝夕限定の大物狙いも良いのだが、高水温に渇水まで加わるとポイントも極僅かに絞られてしまう。ピンポイント
Trout Fishing
  h1
社員ブログ

魚野川支流 (続)フローティングミノーはやっぱり楽しい!

前回のテスト釣行はナイロンライン4lbで行ったが、今回はPEライン0.6号+ショックリーダーナイロン4lb。PEラインではじかず、しっかりとのっ