Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   涼しくて熱い真夏の中禅寺湖

2016.08.15

涼しくて熱い真夏の中禅寺湖

先週の土曜日(8月13日)に、またしても中禅寺湖に行ってきた。この時期の中禅寺湖は陸っぱりの人は殆どいないので貸し切り状態。東京は真夏日でも日中に長袖のTシャツ一枚だと肌寒い時もある位で、涼しい湖畔で一日をのんびりと釣りをするにはもってこいなのだ。しかも、今回は少し前に届いたテストサンプルのランニングラインを試してみるために、何も釣れなくても一日がっつり振り倒してみるつもりだった。

 

photo1

 

 

まずは、釣りを開始して少しした頃に沖から流れてくる魚らしきものを発見。そのまま自分の直ぐ近くに流れ着いたので良く見ると、50アップのホンマスの死骸で2~3日前に死んだもののようだ。これが生きていて自分のフライにヒットしてくれたらどんなに嬉しいかと思いながらリトリーブをしていると、また水草が引っ掛かってしまった。外れないなあとラインを回収していると魚のような手ごたえ? どうやら魚がヒットしてそのまま真っ直ぐこちらに泳いでいたようで、あがってきたのは32cmのホンマスだった。

 

photo2

 

 

朝のうちに1匹キャッチして一安心だったが、その後何も無い時間が続きそろそろ昼食にしようと思っていた12時少し前に暫くぶりのヒット。朝の魚よりは大きそうだが、そろそろ魚が見えるかという所でポロッと外れしまい痛恨のバラシ。さらにその少し後に合わせ切れで今一つリズムが合わなかったが、昼食後ピックアップ直前の浮いてきたフライに突然魚がアタック。ロッドが立ちきっていた時だったので合わせがまともに出来なかったが、幸い魚ががっちりとフライを咥えたようでフッキングが成功し、40cm強の成魚放流ではあるが尾びれが回復して背中の青みがかったニジマスだった。

 

その後再び反応が無くなってしまったが、16時過ぎに日が傾き手前の水面が後ろの岬の陰に入って良い雰囲気となった頃に再びヒット。サイズの割に力強く良い引きを見せたのは45cmの丸々太ったメスのブラウンだった。

 

photo3

 

 

さらに、そろそろ良い時間となった18時10分過ぎに、根がかりか大きな水草の塊が引っ掛かったと思ったその時、重い塊が動いた。明らかに今日一番の大物の手ごたえに、少し前にリーダーを交換して2Xティペットにしていたことを思い出して、根に擦られないように気をつけながら慎重にファイトすると、暫くしてあがってきたのは幅広の大きなブラウン。ばらさないようにドキドキしながら何とか2回目のネット入れが成功してキャッチしたのは、61cmの男前のブラウンだった。(但しファイト中にウェアラブルカメラのバッテリーが切れて一番いい所が映っていなかった)

 

photo4

 

 

この日は結局4匹キャッチの1匹バラシ。他に合わせ切れが1回と掛からなかったが多分アタリだったと思われる手ごたえが2~3回。ライズは朝と夕方に数回ずつのみで、日中は殆ど見られず何も無い時間も多かったが、テストサンプルのランニングラインの使い勝手も良く、一日がっつりと振り倒して、予想以上のいい魚にも出会えることが出来て十分に満足。帰りの車中から宇都宮の花火を見ながら帰路に着いた。

 

 

 

【タックルデータ】
ロッド: LOOP GASSダブル 6122-4 パワーラックス
リール: LOOP エヴォテック G4 LW6-8 リール オレンジ
ライン: LOOP GDC6S3/S4
リーダー: TIEMCO OH&Dシンキングリーダー ダブル 14FT 1X
     後半はTIEMCO OH&Dリーダー ダブル 14FT 2X
フライ: フラッシュストリーマー

 

OGGY
 


Like