Bass Fishing記事 | ティムコ

平本 直仁

Bass Fishing  プロスタッフ  平本 直仁   WBS第4戦レポート

2016.08.31

WBS第4戦レポート

みなさんこんにちは。WBS第4戦の北浦戦が終わりました。結果は5位入賞、5060g/5本釣っても5位。最近のWBSはこの程度では勝たせてくれませんね。2歩及ばず残念ではありましたが、久しぶりのシャロー&浚渫でのミックスウェイトだったので今後に向けての自信につながった試合になりました。

 

プラクティスには3日充てることができました。台風前の2日と直前の1日です。台風直前は浚渫でのキャリラバTGがハマリ、2キロ・1500のキッカーを含む6本。頭5本で楽に5キロを超えました。

 

IMG_2748

 

キャリラバTGは1/2ozがベース。カラーはこのところ濁り気味なのでブラック/ブルー、スカッパノン系。ブラック/ブルーは自分の中ではビックバスを連れてきてくれるストロングカラーとなっています。トレーラーには、共にティムコGary。スピードフォール重視のシャッドシェイプ4inと、着底後のバイーンアクション、リフトUP時のブルブルテールアクションが艶めかしい新商品ピックルワーム。
ロッドは、アンダー6フィートのプロトタイプショートロッド。キャリラバにシャープなアクションを与えるにはやっぱりショートロッドが不可欠。

 

風が吹いて横の動きに反応するバスにはファットペッパー。張りのあるグラスロッド アイアンホークフックセッターIHHS68CMJはグラス特有の一段深いフッキングで今までカーボンで取れなかったショートバイトのバスも掛けてくれます。シャロークランク、ミディアムダイバー、チャターベイト、バイブレーションのシャローでのショートレンジキャストから浚渫のロングキャストまで幅広く対応する頼もしいグラスロッドです。

 

IMG_2843

 

台風後は、増水に伴う台風マジックでシャローがすこぶる好調。風の当たるシェイドには、ゴールデンウィングGW68CMJ(プロトタイプ)でのベイトフィネスジグハイパー10gをベースにして組み上げたチャターベイトタイプ、3/8ozスピナーベイト等横の動きに反応するバスと、フローティングカバーへのリーダーレスDSが非常に効果的で、釣るのをセーブする程でした。難はベースサイズが500gである事。ただ、10本に3本位の割合でキロUPが入るので、十分価値のあるパターンでした。

 

FullSizeRender-(2)

 

リーダーレスDSは、スーパーアラミドヴェールをまといシャープ感が際立つ、スーパーテクナSTAV610CMHP+J。トルザイトガイド搭載で非常に軽量。濃過ぎないブッシュ、ベジテーションには無くてはならない1本。軽いとはいえ、強引なやりとに一切不安はありません。ピッチング、ライトフリップのシャローゲームにジャストフィットの1本です。

 

導き出した当日のプランはシャローでリミットを揃え、浚渫で入れ替える。狙うは6キロ。試合当日は嵐の前の静けさなのか、非常に穏やかな天候でした。朝一から浚渫に行くことも考えましたが、より落ち着いてキャリラバをキャストできるようまずはシャローに。リーダーレスDS 7gでシャローをひたすら撃ち、パートナーがノーシンカーでフォローしてくれました。この日はバスが風を嫌っているようで、風の当たる面の風裏の中のシェイドがキーになりました。

 

前日はフォール後、ラインが走るバイトだらけだったのですが、当日はフォール後、ラインは走らず、聞くと、なんとなく重く抑え込んでいるバイトのみ。とにかく違和感をいかに感じ取るかが重要だったため、スーパーテクナに助けられました。予定通り2時間で2本のキロUPを入れてのリミットメイク。浚渫アタックの準備が整いました。

 

キャリラバTG1/2oz+TIEMCO Gary シャッドシェイプ4inでの爆撃開始。開始から30分程でキャリラバ特有のフォール後のアクションを掛けるときのグッと重くなるバイト。ただし、顔を見るまでは安心できません。CATかもしれませんから・・・。でもノっているときはバスなんですよね(笑)。1200gのナイスバスで700gUPの入れ替えに成功。ここまでは順調でしたが、その後浚渫はノーバイト。ここで大きな判断ミスを犯しました。

 

この時のウェイトは4500程度と推定。もう一本キロUPを取り5キロに乗せたい!という気持ちが強く働き、シャローに戻りました。しかし、実はすでにこの時点でほぼ5キロ。6キロを狙うには、選択の余地なく浚渫だったのです・・・。結果的にシャローで数十グラムの入れ替えはできたものの、大幅なウエイトアップには至らず終了でした。タラレバの結果論ではありますが、自分を信じ浚渫でキャリラバと心中するべきたったと猛烈反省しています。みなさんも悔いの無いようキャリラバを投げまくりましょう!(笑)。自分は残る試合やり切る覚悟を決めました!(笑)

 

IMG_2912



【タックルデータ】
(キャリラバ1/2oz)
ロッド:アンダー6ft プロトタイプロッド
リール:KTF ABUレボエリート
ライン:TORAY エクスレッド 12~13ポンド
トレーラー:Gary シャッドシェイプ4in、ピックルワーム

(キャリラバ 3/8oz)
ロッド:T-PMX65CMP+J
リール:KTF アルファスフィネス
ライン:TORAY エクスレッド 10ポンド
トラーラー: Gary シャッドシェイプ4in、ピックルワーム


(リーダーレスDS)
ロッド:S-TAV610CMHP+J
リール:KTF アルデバランフィネス
ライン:TORAY エクスレッド 13~14ポンド
ルアー: Gary フラッピンホッグJr. 他

(ムービングベイト1)
ロッド:GW68CMJ(プロト)
リール:KTF アルファスNeo
ライン:TORAY エクスレッド 13ポンド
ルアー:スピナーベイト、チャターベイトタイプ 他


(ムービングベイト2)
ロッド:IHHS68CMJ
リール:KTF アルファスNeo
ライン:TORAY エクスレッド 13ポンド
ルアー:ファットペッパー

 

 

 


Like