Fly Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Fly Fishing  社員ブログ   中禅寺湖レイク爆釣

2017.05.17

中禅寺湖レイク爆釣

中禅寺湖がキャッチ&リリースになってから魚が大分釣れるようなったようで、良い話を随分と聞かされていた。GWに時間ができたので前日に大急ぎでフライを巻いて混んでいる事を覚悟で突撃してきた。当初、山側でのんびりと釣りをするつもりでいたのだが、シーズン初期は国道側の方が水温高く推移すること、大減水のためかけあがりの先までフライが届くのではないか?と思惑があり悩んだあげく国道側へ。

 

現地に到着すると予想に反して人は少なく不安になった。「誰もいない」=「釣れていない」が頭をよぎり、やっぱり山側を選択すべきだったかなぁと・・・。かなり思った。本日の目標はレイク一匹。顔が見る事ができれば十分。4時に釣りを開始。湖の朝の時間は大好きだ。静寂な時、これから起こる事への期待・・・。まだ水温が低いのかライズも散発で少ない。フライを振る音だけが湖面に響く・・・。

 

2

 

 

とりあえずレイク狙いの底ベタで攻めていく。フライはベーシックな、マラブー。新発売のキールフックTMC708#6に巻いてみた。

 

1

 

 

カウントは、50、80、100、120・・・。いくらカウントダウンしても底に着いた感覚は無く疑心暗鬼な状態が続く。そしてその時は予想に反して早くやってきた。40分位過ぎた頃、カウント中に落ちていくフライを引った喰っていった。「ゴンゴンゴン」と首を振る確かな手ごたえ。反射的にあわせる。久しぶりの感覚に心が震える。心臓がバクバク。あまり沖に走らないのでリールファイトではなくラインをバスケットの中に手繰った。「ばれるなよ」 と心の中で叫びながら58cmのレイクをゲット。

 

3

 

 

独特な模様といかつい風貌のレイクトラウト。しばし見とれてしまう。早々に目標達成に安堵。昔の中禅寺湖ならこれで終わりなのだが、今日はここで終わらず。爆釣への序章となった。カウント90で釣れたので迷いが無くなった。ゆっくりとしたストロークでリトリーブを続ける。キールフックが威力を発揮して根掛かりも少ない。

 

次の魚からのコンタクトは30分後にきた。なんともいえない感触がロッドから伝わってくる。ディープ付近で掛かっているので引きづりあげるまでそこそこ時間が掛かる。あがってきたのは、ほぼ同サイズのレイク。

 

4

 

 

開始1時間で2匹は、中禅寺湖自分史上かつてない快挙。ここからが凄かった! ほぼ30分から1時間に1~2回魚からのコンタクトがあり、レイクが釣れ続く。上がってくるのは、ほぼ同サイズで45cm~60cmと揃っている。ご飯も食べ忘れてひたすらリトリーブに没頭。何と昼までに9匹。

 

8

11

 

 

人間と言うのは、どんなに釣れても欲がでてくる。中禅寺湖でのツ抜け達成を狙いたくなってきた。午後からは、風が湖流と逆になりラインが沈みづらくなったのか苦戦。ツ抜けは厳しいかなぁと思っていた。そこでカウントダウンを130まで増やしてみるとこれが当たり立て続けに4匹を追加することができた。どうも底まで沈んでいなかったようだ。

 

14

 

 

レイクの顔を拝めればと思って来たのだが、まさかの爆釣となり笑いを抑えることができずしあわせを噛みしめながら帰路へ。久々のフライフィッシング釣行だったのでニュータックルは持ち合わせておらず「タックルが古すぎてこれじゃ販促にならん」とのお言葉を社内から頂いた。ゴメンナサイ。笑

 

7

 

【タックルデータ】

ロッド: Orvis 12’6’’ #8
リール: バテンキルLA Ⅳ
ライン: ST9S タイプⅤ+インターミディエイトモノコア025
リーダー: フロロカーボンリーダー9ft 0X
ティペット: フロロステルスティペット1X


フライ
フック:TMC708#6
テール:プライムマラブー ブラック、オリーブ
ボディ:プライムマラブー ブラック、オリーブ
リブ: UNIフレンチワイヤーM 30回位巻く
ハックル:ヘンサドルをヘッドにハックリング

    

 

スーさん

 


Like