Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   野尻湖Part7 藤居賢司 「2017年NEWアイテム for Lake Nojiri」

2017.02.07

野尻湖Part7 藤居賢司 「2017年NEWアイテム for Lake Nojiri」

皆様こんにちは。フィールドスタッフの藤居です。2017年を迎え、今年も野尻湖や桧原湖でスモールマウスバスをメインにたくさんの魚をキャッチできるように励んでいきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、年が明けてから、釣り業界も2017年モデルの新製品発表の季節がやってきた訳ですが、もちろんティムコ・バスフィッシング製品も他社に負けじと多くの新製品をリリースいたします。その中でも今回、私からは野尻湖用のアイテムを幾つかご紹介させていただきたいと思います。まずはロッドですが、

 

写真①

 

 

皆様も既にご存知かと思いますが、fenwickシリーズにフラッグシップモデルとなるACESシリーズが発売となります。

 

写真②

 

もちろん、スモールマウスバスを狙う上で、出番の多いスピニングタックルのラインナップも充実しております。年々タフ化していくレイクコンディションに対応すべく、超軽量・高感度、そしてシャープな操作性を可能としたロッドに仕上がっています。スモールマウスバスを釣る上で、出番の多い軽量リグをより操作しやすくするためのロッドで、ダウンショット・ネコリグ用のACES56SLJ、ショートリップのサスペンドシャッドをドラッキングで柔らかく引くのに適したテーパーのACES63SLJ、そして、野尻湖の春の定番メソットであるミドスト用ロッドのACES64SULJも、今まで以上に細部まで見直されACESモデルで進化しました。

 

写真③

 

 

さらにゴールデンウィングシリーズでは追加モデルも発表され、その中でも特におすすめなのはGW68SULP+Jです。このロッドはスモールマウスバスを釣る上で外せないメソットであるライトキャロライナリグ専用ロッド(ロックバンクエリア用)として開発されたと言っても過言ではないロッドです。

 

写真④

 

 

実際昨年のNBC長野野尻湖チャプター第2戦で私のウイニングロッドになったプロトモデルがいよいよ製品化された訳です。昨年発売になった食い込み重視のフラットエリア用GW68XSULP+Jと、今回発売となるバンクエリア用のGW68SULP+Jと、この2本で野尻湖でのライトキャロライナリグを2つのエリアで使い分けることが可能となります。

 

写真⑤

 

 

また、ソフトベイトもPDLロコイズムブランドから野尻湖のバスのメインベイトの1つであるワカサギをイメージさせるような形状のシャイナースティックやスモールマウスバスが好きな高比重ソルトマテリアルのロケットバグなど、野尻湖のアングラーに納得していただける製品がリリースされますのでご期待していただければと思います。

 

写真⑥

 

今後も上記製品をはじめティムコ製品のアイテムの紹介だけではなく、さらに詳しい使用方法や釣果情報もお知らせしたいと思いますので、今シーズンもどうぞよろしくお願い致します。

 

 


Like