Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   北関東Part6 佐藤大介 「番外編:NEWバスタックルで狙う管釣りトラウト」

2017.02.24

北関東Part6 佐藤大介 「番外編:NEWバスタックルで狙う管釣りトラウト」

こんにちは。ティムコフィールドスタッフの佐藤です。今回は、昨年末にもご紹介しました群馬県の管理釣り場「宮城アングラーズヴィレッジ」さんに行ってきました。スプーンやエリア用のミノー・小型クランクを投げているお客さんに混じり、今回もバスタックルオンリーで釣行スタート。
 
 
前回はテクナTAV-GP64SULJ”Mid Storolling Special"にグリマー6の組み合わせで挑みましたが、今回は3月発売予定のNEWフェンウィック・エイシスACES64SULJ”Mid Storolling Special"に3月発売予定の新商品「グリマー7ライト」のNEWタックルの組み合わせでエリアトラウトに挑んでみました。エイシスのミドストスペシャルは、以前のテクナGPモデルと比べ、キャストアキュラシーが向上し、アラミド補強に加え、バット部分にナノレジン補強も施されている為、ロッドのパワーも向上しています。
 
 
宮城01
 
 
 
グリマー7ライトは、オリジナルのグリマー7と同サイズですが自重は軽く、沈下スピードが少し遅い為、バス・ベイトフィッシュのレンジが浅い時・速いスピードでは追い切れず、もう少しスローに誘いたい時等に適したルアーです。その為、今回のような水深のあまりない管理釣り場にもピッタリです。ミドストで、岩・倒木・杭といったストラクチャー周りをバスフィッシング感覚で狙うとブラウントラウトがよく釣れます。
 
 
宮城02
 
 
グリマー7ライトで十分楽しみ、最後は、これまたバス用ルアーのステルスペッパー55Sで締めのブラウン。本来はバス用のルアーですが、エリアトラウトでも十分楽しめます!バスシーズンインまで後1ヶ月、皆さんもトレーニングがてら、バスタックルでエリアトラウトにチャレンジしてみては如何でしょうか!
 
 
 【タックルデータ】
ロッド: フェンウィックACES64SULJ(ミッドストローリングスペシャル)
リール: 2500番
ライン: シューターFCスナイパー3.5ポンド(サンライン)
ルアー: グリマー7ライト
 
 

Like