Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖Part14 日置隆宏 「琵琶湖でもフレキシーカーリー」

2017.05.17

琵琶湖Part14 日置隆宏 「琵琶湖でもフレキシーカーリー」

毎度!ティムコプロスタッフの日置です!今回は、新製品のフレキシーカーリー3"の琵琶湖での使い方の一部を紹介します。

 

DSC_4244

 

フレキシーカーリー3"は、びわ湖で使うには少し小さいんじゃないと皆さん思われますが、僕はこのワームを見た瞬間にピーンっときましたね。

 

「おっ!これは、春のライトキャロにグットじゃないですか!」

 

と思いました。


琵琶湖の南湖では、ライトキャロは通年4月中頃から良くなります。バスフィッシングは、色々と妄想することは大切ですが、やはり実際に使って釣ってみないとね。そして、使う場面が来たのでフレキシーカーリー3"を試してみると。

 

釣れる!釣れる!

 

DSC_4233

 

 

思った通り釣れると面白いですね~!このフレキシーカーリー3"は、小さいながらも凄く考えられて作られていまして、スローでもある程度早くでもワームがクルクル回らずにしっかりピリピリとテールを動かしながら泳ぎます。ライトキャロを使うにあたって、ワームがクルクル回らないという事はとても重要です。

 

ライトキャロの使う場面の基本的な紹介ですが、びわ湖では風が毎日のように吹くので風を利用してドラッギングで使用します。風上にキャストして、船二つ分の10mぐらいは最低ラインを出してドラッギングスタート。ウエイトは1.8gから2.7g。水深と流れるスピードでウエイトを調整して、底とウィードにツンツンと軽く当たりスタックしすぎない感じで流すだけです。

 

DSC_4237

 

後、場所は色々とあるのですが簡単に説明しますとウィードの背が引くくまばらに生えている所、エビ藻が生えるところは特にグッドです。季節が進むにつれてウィードの背が段々高くなってくるので、釣れるエリアは岸よりから段々と沖になっていきます。後、トロロ藻などが付いてくる所は釣りにならないのでパスします。岸からだと巻きキャロ、テクトロで試してみて下さい。

 

タックルは、ロッドはACES70SLP+Jを使っています。7ftあるのでキャストしやすく、ドラッギングしやすいです。ラインは、5lbでリーダー部分は7lbにして使っています。季節が進むにつれて、5lbから6lbまたはPEにしてもいいと思います。

 

フレキシーカーリー3"のライトキャロは、小さいのも釣れますが、大きいのもしっかり釣れます!沢山釣って楽しんで下さい!

 

【タックルデータ】

ロッド:ACES70SLP+J
ライン:5lb
シンカー:1.8g~2.7g

 


Like