Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   岡山Part46 塩見友広 「JB旭川第4戦最終戦」

2017.10.16

岡山Part46 塩見友広 「JB旭川第4戦最終戦」

9月上旬になり、例年よりも秋の訪れを早く感じ意識した展開をしないと気難しい秋の魚に翻弄されてしまう状況のなか、年間ランキングを掛けたJB旭川最終戦を迎えました。1週間前に開催されたNBCチャプター旭川最終戦を2位で終え、年間を獲得した良いイメージを強く引きずらないように意識しながら、前日プラクティスでは、とりあえずのキーパー場をチェックして回って、思ったエリアをザックリ見て回ると…、全くバイトも雰囲気も感じられず焦る…。

 

気合を入れ直してチョットづつ軌道修正とアプローチを変えてみると、落ち着けれるぐらいのバイト数を後半から得ることが出来て、サイズも800gまでならなんとか…。しかし、キッカーサイズを絞り出す方法までたどり着かず。唯一、上流域のファーストブレイクに絡む瀬と、ウィード塊り周辺のサイトで微かに人的プレッシャーと、水温&カレントの巻き方のタイミングで入って来るスポットで、魚の気配を何となく感じて前日練習は終えました。

 

ミーティング

 

迎えた本戦。とりあえずの目標ウェイトは1,500g。

 

タックル準備

 

中流域まででキーパーを揃えて1,500gになればラッキーで、揃ったら速攻で前日に可能性を感じた上流域の瀬とウィードの塊り周辺(前回、前々回とキッカーを得たスペシャルスポット)へ入るプランでスタート!中盤の24番フライトで会場(上流域)から下って行くと…、前日に確認したスペシャルスポットに3ポイント差で追手の年間2位の選手がいきなり張り付く姿を見て一瞬凍りましたが…。タイミング的にはまだ無い時間帯だと冷静に吹っ切って。。。

 

目指すは中流域!しかし、思っていた中流域の水質と雰囲気がよろしくナイので、水の良さげなエリアを探して入ったのが同じ中流域でも、第一倒木エリアと呼ばれているエリアの300mほど下流側のインサイドに沈む倒木スポット。より水質の良く、ベイトの溜まっているエリアにスクールで溜まっているのではないかと推測して入ったエリアでしたが、朝イチで曇天&通り雨な天候にベイトも水中倒木のツラ面3mラインに沈み気味だったので、「IHHS-CS68CMLJ」を使った小粒なミドルダイバークランクのニーリングで倒木のツラ面にクランクを当ててベイトフィッシュを散らす目的で通すと、300gサイズのキーパーがヒットしてボートデッキに引き抜き1本目をキャッチ!

 

 連発するかと思いきや…、その後はライトリグを入れようとも不発。しかし、雰囲気は感じれるので、風が吹くタイミングか何かのタイミングに入り直す予定で、中下流域のトンネル下の岩盤&ガレ場→石積み跡+沈み立木フラットで前日のバイト場を回るがまさかの不発。困って、朝イチのエリアに入り直したタイミングに日差しが出てベイトフィッシュも浮き気味になって来たので、シェイド&切れウィード塊りへ「PMX62SLJ」にセットした「PDLミニラバ2.5g」+シュリンプ系ワームで、ウィードのエッジに浮いてるエビを散らす(前日にウィード面をピクピクしていたら割って出て来た)ように横切って沈め気味にスイミングすると300gサイズがバイト!と同時に引っこ抜き!で2本目!

 

周辺を巻いて打ても何もなく…、100m上流の岩盤張り出しにベイトが絡んでいるのに気が付いて「GW60CULJ」にセットしたスイミーバレットRealをフリーで落とすとバイト!3本目も300gサイズでボートデッキに一気に引き抜き!前日よりも明らかにサイズダウンしている事から…、このままでは追手に食われるなと判断。

 

予定通りに上流域の瀬&ウィードの塊りのスペシャルスポットに人が入っていない事を願って、一気に脇目もくれず移動! の、道中に年間争い中の選手がボート後手に付いて追っ手来ていたので、絶対にスペシャルスポットに入れると意識して、運良く誰も張り付いてなく目的スポットにすんなり入る事に成功!!

 

スペシャルスポットでのショット

 

慎重に周囲からルーアーローテイションしてタイミングを伺い、徐々に徐々に…、確信のラインを何度か通しながら水の巻き方でウィードが揺れてなびくタイミングを計りながら…、TPMX62SLJとのミニラバセットでついに!ウィードから外してフォール途中でPEラインが不自然に流れの横方向へスーーッと… 身構えて、巻きアワセのようにスイーップに確実にフッキング!!一気に流心へ走る魚をエレキで追いかけ…、落ち着いて落ち着いて…、浮いた瞬間一気にネットへ!!

 

「ヨッシャー獲ッタァ~」って叫ぶ。

 

スペシャルスポットで3試合3度目の奇跡的フィッシュでした!!今の自分にはこのスポットがタイミングと釣る為の考え方がハマっていて、真似る他者にも釣れない魚を獲る自信が最後に1,600gの奇跡を起こしてくれました!その後は追加は無かったですが、これで年間落ちなら悔いは無いと帰着へ。

 

検量

 

3本で2,285g。

3本2,285g

 

結果は…

 

第4戦表彰台

 

3ポイント差での年間争い最終戦としてはこれ以上ない2位フィニッシュでした!

 

2位盾

 

そして、年間ランキング。

ガッツ

年間表彰台

年間コメント

 

無事にJB戦6度目の年間AOY獲得致しました!!これも応援下さった皆様の御力添えあっての事です!ありがとうございました!JB戦では来年もよいご報告がこの場で出来るよう、精進して行きたいと思います。

 

使用タックル

ルアー

 

【タックルデータ】 

小型ミドルダーバークランク
ロッド:フェンウィック IHHS-CS68CMLJ
リール:アルファスSV
ライン:東レ エクスレッド12ポンド

1/32ozネコリグ
ロッド:フェンウィック GW C GW60CULJ(B.F.S.)
リール:KTF16アルデバラン・KTFフルコンプリート仕様
ライン:東レ エクスレッド6ポンド
ルアー:サワムラECOスイミーバレット4.8in Real

スモラバ
ロッド:フェンウィック テクナPMX TPMX62SLJ
リール:コンプレックスF4
ライン:東レ ルアーPE0.6号10ポンド+ルアーリーダー1.7号8ポンド(FGノット結束)
ルアー:PDLミニラバ2.5g+シュリンプ系ワーム

偏光:キネティックブルーPRO イーズグリーン
ウエア―類:Foxfire SC DSフ―ディー
Foxfireエアフロースリークオーター
Foxfire SCガイドレッグカバー

 

 


Like