Fly Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Fly Fishing  社員ブログ   スーさんの中禅寺湖フライフィッシング日記 2019年6月第1週

2019.06.07

スーさんの中禅寺湖フライフィッシング日記 2019年6月第1週

朝の気温9℃、水温14℃。今日も国道側。水温が急激に上昇。レイクトラウトにはきつい。4時にスタートフィッシング。ワカサギストリーマーを引いていると直ぐにヒット、が取り込みでフックアウト。この時は、余裕だったのだがっ。後が続かない。ワカサギが接岸しており、それを追って多数のレイクが岸際を回遊している。それを無視して沖目で引張る。引張る。ひたすら引張る。たまに手前のレイクの前にフライを落としてみるも無視。結構な数がいるのだが、、、。

 

全くノー感じのところK氏がとなりで引張りを始めたら、あらら、あららの立て続けヒット。

 

こんなブラウンや

 

s1

 

水面ばしゃばしゃ攻撃まで。笑

 

s2

 

魚はいるようだが、本日はこちらには、、、。少しすると地合いは終わったようでK氏にもアタリなく無の時間が続く。午前9時の時点で水温は16℃まで上昇。無理モードが頭を支配していく。それでも11時までがんばってみたが我慢しきれず移動。まだボウズ。

 

前から気になっていたドン深ポイントに行くも魚の気配無く我慢できず1時間で移動。やばいパターンにはまっていく。次のポイントはやや濁っていて何となく釣れそうな気配。しばらく何もなく過ぎていく。辛い、辛すぎる。

 

14時過ぎ頃、フライをワカサギストリーマーに変えて中層を引いたらアタリがありのったのだが外れてしまった。同じコースを引いたらまたアタリ。のらず。3回目の正直でのってきた。40cm位だけど丸ボ脱出の嬉しい一匹。

 

s3

 

その後さらに小さいサイズを2匹追加。

 

s4

s5

 

その後アタリが無くなる。朝の4時から立ちこみ今16時。まるまる12時間。よくもまぁ、、、。帰りのことを考え16時半には帰ろうと決めて後3投、あと1投と気づくと何故かもう直ぐ17時。

 

モンカゲさん。

 

s6

 

我慢して引張り続ける。

 

s7

 

いよいよ終わりにしようとしたら、グィグィーときたーーーー。いい感じでロッドがしなり今日一の引き。心臓はドキドキ。バコバコ。そんなに大きくはないけれど超嬉しい一匹。53cm。

 

s8

 

バイバイ。

 

s9

 

春ゼミMaxのモンカゲパラパラとドライの季節突入。ブラウン狙いならベストシーズン。

 

【タックルデータ】

ロッド:Orvis クリアーウォーター12’6” #8 、クリアーウォーター11’ #8
STヘッド:SAアトランティック・サーモンショート・ダブルハンド#7/8 S3/S4、SAシューティングテーパーショートSTS-R500grタイプV
STライン:SAインターミディエイト・モノコア 025
リーダー:OH&Dsシンキング11ftシングル1X
ティペット:ナイロンシンキングティペット2X

フライ:TMC708 #6  マラブーパターン・オリーブ/ブラウン/グレーオリーブ
(ボディ:ヘアライン・ミディアムUVポーラシェニール#263オリーブ/#265オリーブブラウン/#375UVパール)

 

 


Like