Fly Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Fly Fishing社員ブログ 【動画公開】嶋崎了のドラマティック・フライズ 「実弾マラブー」

2020.05.01

【動画公開】嶋崎了のドラマティック・フライズ 「実弾マラブー」

今回紹介する2本のフライはオーソドックスなパターンと簡単に巻けて釣れるパターンをご紹介します。中禅寺湖で釣りをしているとフライの消耗が激しく日に10本無くすのは当たり前なので、簡単に巻けるのに越したことはないのです。フライを無くす原因を簡単に書いてみると、キャスティングでバックの木に引っ掛ける、バックが下がって湖岸の岩などに引っ掛ける、水中の岩やゴミに引っ掛ける、手前のブレイクに引っ掛ける、あとはキャスティングがグチャグチャになってどこかに行ってしまう…。といった事が原因で渓流とはまた違った障害物競走の様な釣りでもあると思います。

 

s11

 

「カラーとサイズとウエイト」

カラーについては私がよく使う2色を選びましたがこの他だと茶色と汚れたアイボリーをよく使っています。サイズはマラブーパターンだと#12~#8で状況により使い分けます。ウエイトは私の場合ほとんど入れません。ラインの重さで棚を調整し引いて止めたときにフライがお辞儀しないようにしていますが、高活性時や底をズル引きする時にはウエイト入りも有りだと思います。自分の目的や釣り方に合わせて使い分けましょう!中禅寺湖の場合、フックはバーブレスにすることもお忘れなく!

 

「狙い方」

狙い方は人それぞれで答えは無数にある釣りです。大型のレイクしか狙わない人は底近くを狙うのが常套手段でひたすら底近くを引っ張り続けます。ホンマスの回遊魚を狙うならタイプ1か1.5で表層をひたすら引き続けます。といったように狙い方や対象魚で投げる距離もラインウェイトも引く速度や引き方も変わるのが面白いところでしょう。自分が妄想し思い描いたようにヒットして竿に魚の重みが乗った瞬間を求めて引っ張り続けるのです。

 

「UVポーラーシェニールマラブー・グレーオリーブ」

このフライは簡単に巻けるので惜しげもなく使用でき重宝しています。ボリュームやカラー、サイズを変えて使用しているフライです。ハックルを巻いたり丁寧に巻けばもう少し格好良くも出来るのですが取り敢えず釣るための実弾としてフライボックスには常に入っています。また、UV無しもあるといいでしょう。スレッドに赤を使用しているのは釣れるからと聞いたからです。赤が釣れるかどうかは実際のところ分かりませんが先人の知恵はありがたく受け入れています。他の釣りでも赤はある時スーパーカラーになることもあるので使っています。

 

「ペレダブマラブー・ブラック」

私にとって黒いフライは一昨年から使い実績を上げているカラーです。グレーオリーブと交互に使っていましたが去年は黒いフライの出番が多く取材のときにもよく働いてくれました。信じる者は救われるといった格言もありますが正に湖の釣りには必要で自信を持って使い続けられるかどうかが重要だと思います。

 

3年前ですが友人とワイワイやりながらホンマスを狙っていた時の話です。この時使用していたのは黒ではなく10番フックに巻かれたグレーオリーブのこのパターンでした。夕方隣に入らせて頂くと1時間ほどで5匹のホンマスに出会えたのです。1匹釣れるとこのフライでいいとなり2匹、3匹と釣れれば確信に変わります。ボディ材もテールのマラブーも僅かになってボロボロになりながらも釣れ続けてくれました。いいポイントを譲っていただいた狩野さんに感謝です!ありがとうございました!

 

中禅寺湖漁業協同組合より以下のメッセージが出ています。ご一読をお願いいたします。

※中禅寺湖では新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和2年4月30日(木)から5月6日(水)まで、遊漁券の発行を停止いたします。また緊急事態宣言発令を受け、全国の都道府県にて緊急事態措置が行われております。ゴールデンウィークに向け、人の移動については特に強い自粛要請が出ています。大切な命を守るため、所属されている各自治体の要請を今一度確認し、皆様のご理解・ご協力をどうか宜しくお願い申し上げます。

 

 


Like