Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing社員ブログアンダーハンド釣行記 雨のボートシーバス 割れる水面

2020.10.22

雨のボートシーバス 割れる水面

10月半ば、彼が高校生の時から知っているO君(現在は立派な社会人)とシーバス釣りに出掛けた。ちょうど1週間前にボートで出た時、あまりに釣れるので初めてのシーバスフィッシングのO君にはいい時にやってもらいたいと思い、止まない雨の中、東神奈川の駅で待ち合わせた。

 

出船は13:30。いつものシークロさんに乗って、ポイントを目指す。ほどなくしてポイントに到着。まずは釣り方を見せようと7X 10ft 7番ロッドでいかにもいそうな所にフライを投げると数投でシーバスが水面に飛び出た。やはり好調は続いているようだった。その魚は掛からなかったがその数投後に1尾ランディング。

 

好調のシーバス

 

O君キャスト

 

その後、交代してO君も釣り始める。タンカーの側面を探っていくとドバっと水面が割れ、何度かのバイトの後に掛かった。記念すべきファーストフィッシュ。

 

O君シーバス

 

好調のシーバス2

 

その後もあちこち攻めて、いないポイントもいるポイントもあった。2人で交代しながら夢中に釣りをして気づいたら夕方になっていた。

 

すっかり夕方

 

今年は2回この釣りをしたがとても釣れる年だと思った。初めて海で使った7Xはオフショルダーでキャストしても、ものすごいループが作れる不思議な印象だった。ただ風が常に吹く釣りなので10ftよりも9~9.6ftが負担も軽くいいのではと思った。今回は動画も撮ってみたのでご覧ください。

 

 

近藤記


Like