Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖Part19 日置隆宏 「チャプター琵琶湖第2戦に参戦」

2018.05.22

琵琶湖Part19 日置隆宏 「チャプター琵琶湖第2戦に参戦」

毎度!ティムコプロスタッフの日置です。今回は5月13日のチャンプター琵琶湖第2戦レポートです。

 

まずはプラの感触ですが、自分の好きなマルチカーリー4.5の5g、3.5gのダウンショットで何とかアタリを取る事ができたという感じでした。下物の浚渫がメインなのですがポスト、アフターよりの魚がまだ少ないのかな?っと微妙な感じの感触でした。

 

DSC_1058

 

さて大会当日、1戦目が悪天候で延期になったので今回が1戦目と言うべき大会になりました。気合も入りスタート!試合中は、大雨となり時折周りの風景が見えないぐらいでした。下物浚渫にて、プラで良かった場所に朝一から入って行きました。しかしスタートから2時間ほどアタリも無く、5gのダウンショットで浚渫ブレイクのエビ藻をダウンヒルでやっていたら1匹目がやっと釣れましたが可愛らしい400g。こんな感じかと思い、続けると1100gが出てホッとしました。

 

続かないのでエリアを沖よりの場所へ、しかしなかなか釣れずルアーローテーションをしていき、ベイトフィネスジグ琵琶湖スペック5gで2,200gが入りました。ファーストフォールできたので、浮いてると思いジグストと言うべきかシェイクをし続けウィードの上を乗せながらスローに泳がせてくるイメージで動かして、2回アタリがありましたがフックアップしませんでした。

 

他も色々と回りますが3.5gダウンショット700gが1本入っただけでした。まだまだ転々と移動していき、足の速いアフターの魚が入ってるかな?と思いラスト10分前に入った場所で、3.5gダウンショットで「コン!」というアタリ。重めのファイトの後、2キロクラスを一本追加。まだいると思い、ラインも結び変えずキャストを続けもう一本1キロちょっとが釣れライブウェルに掘り込んで「ネバーギブアップ」と声をだしアドレナリン全快で帰着に向かいました!

 

_20180513_210942

 

これがあるから、最後まであきらめられないし、トーナメントは刺激的です!結果は、3本5,540gで4位に!今年のチャプター戦いいスタートが切れました!

 

IMG_20180514_225317_689

 

【タックルデータ】

 

DSC_1071

ダウンショット(3.5g)
ロッド:フェンウィックGW66CLJ
ライン:10lb+リーダー12lb

ダウンショット(5g)
ロッド:フェンウィックGW68CMLP+J
ライン:10lb+リーダー12lb

ベイトフィネスジグファイン琵琶湖スペック5g
ロッド:フェンウィック ACES66CMLP+J
ライン:12lb

 


Like