Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   津久井湖・相模湖Part23 金井俊介 「強めのライトリグにベストなエイシス ACES62SLP+J」

2018.09.18

津久井湖・相模湖Part23 金井俊介 「強めのライトリグにベストなエイシス ACES62SLP+J」

皆さんこんにちはティムコフィールドスタッフの金井です。 今回は今年から新しくエイシスのラインナップに加わった「ACES62SLP+J」 のご紹介です。

 

22036

 

番手から想像すると…

 

・ネコリグ

・少し重量が出るダウンショット がベストマッチかな?

 

と思いいざ使ってみると想像通りの使い勝手の良さでした。ULアクションでは乗り越えられないような沈みもの(枝や倒木)やライトなブッシュにはもってこいでした。

 

最初はそのようなシュチュエーションで2.6g~3.5gの5インチワームのダウンショットを使用。引っ掛けて外し、シェイクも容易にこなせ「可変ファーストテーパー」採用により、ショートバイトも難なく得られました。

 

22040

 

台風通過後の大会では、水がクリアアップしていくにつれて徐々にカバーから離れるタイミング。カバー手前にあるライトな水中ストラクチャーに絡ませる釣りで約15匹掛けて(笑) 2,315gで4位になりました^^

 

22039

 

ゴールデンウィングのGW60SULJやエイシスのACES62ULP+Jをお使いで「もう少しパワーが欲しい」「ネコリグに使いたい」と言ったコメントをイベントなどで良く聞きました。ACES62SLP+Jはその穴埋めが出来る番手だと思います!

 

 

 

【タックルデータ】

(5インチストレートワーム)
ロッド:フェンウィックエイシス ACES62SLP+J
ライン:サンラインシューター4lb
シンカー:2.6gショートダウンショット
サングラス:サイトマスターベクターEG/シルバーミラー

 

 


Like