Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   徳島エリアPart16  福光正樹 「加古川・青野ダム釣行」

2018.12.04

徳島エリアPart16  福光正樹 「加古川・青野ダム釣行」

こんにちはフィールドスタッフの福光です。今シーズンはマイボートのエンジントラブルでシーズンを棒に振り、一試合の出場のみでトーナメントシーズンを終えました。

 

転勤に伴い昨年から神戸市に住んでいるのですが、釣りに行くのは四国方面か琵琶湖がほとんどで、兵庫県内にもいくつかのフィールドはあるものの、全く釣りに行く機会がありませんでしたので、このオフシーズンに少し行ってみようと思い立ち、インターネットを調べてみました。いくつかの候補はあったのですが、まずは加古川をチョイス。馴染みのオカッパリリバーフィッシングです。

 

車で約一時間、到着するとおなじみの消波ブロック帯が目の前に広がります。今期発売のFenwick ACES-FM74CMJで巻物を遠投しながら広範囲にリサーチ。ブレイデッドジグ、ファットペッパーマグナム、ファットペッパー、トゥルーデ74、スイムジグをローテ―ションしながら時にはライトリグを投入して行きましたが、残念ながらオカッパリでのロングロッドの有効性と気持ちよく投げ続けられるロッド性能を確認するのみで終了。つまりNFNB(汗)、仕切り直しです。

 

f2

 

今度は釣り仲間に何処かないか聞いてみると…。「青野ダムが良いのでは?」とのこと。釣り専門チャンネルで名前は知っていたものの、良く調べてみるとこちらも車で一時間の所に。自宅の北方面が山なのですが、一山越えた盆地の三田市に青野ダムがありまして、レンタルボート屋さんも完備。エレキもレンタルしてシーズンオフのダム釣行となりました。

 

f3

 

関東在住の頃は亀山ダム、徳島では正木ダムと初冬のダム釣行は恒例になりますが、この時期は空気が澄んで森の木々も色づき、静寂に包まれた雰囲気が大好きです。ビッグレイクをバスボートで滑走するのも楽しみではありますが、山間の森の緑に囲まれてエレキのみのフィールドで静寂の中釣りをするのもバスフィッシングの楽しみの一つです。

 

さて、肝心の釣果はというと、ワカサギがメインベイトということでディープフラットでのライトリグやメタル系のルアーを駆使し、小型ながら数匹のバスが遊んでくれました。初めてのフィールドでの一本はとても新鮮でバスフィッシングを始めたころの初心を思い出させてくれます。

 

f1

 

普段とは違うフィールドに出掛けてみるのも新たな発見もあって楽しいものです。皆様の周りにも意外と身近に未踏のバスフィールドがあるかもしれませんよ。

 

【タックルデータ】
ロッド:Fenwick ACES-FM74CMJ
リール:STEEZ103ML K.T.Fハンドルチューン
ライン:フロロカーボン12lb.
ルアー:ファットペッパー、マッドペッパーマグナム、TRUDE74、スイムジグトレーラーシャッドワンナップシャッド

 

 


Like