Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing社員ブログアンダーハンド釣行記 増水・濁りの渓流イワナ その2

2019.07.17

増水・濁りの渓流イワナ その2

前回の続き。

 

濁りの川でイワナが釣れたことで何とかなると思って、次の川、次の川とイワナ釣りした。全く濁っていない川もあり、そこではアダムスパラシュート#14でかなりの数が釣れた。増水の影響は残っているものの渇水からの増水なのである意味チャンスだったのかもしれない。

 

ks

 

最後の川は、濁りはわずかでも水はかなり多い。魚が居そうな堰堤のポイントの緩い流れをドライフライで何度も流すも反応なし。

 

kz

 

そこでフライをまた沈むアントにして流すと数投目でインジケーターが止まり、40cmを越えるイワナが水中で魚体をくねらせた。次の瞬間フライが外れた。

 

kant

 

魚に対して#15というフックが小さかったことが原因だったが、バレたことよりも大型のイワナが居たことに驚いた。その後、知人にバトンタッチするとなんともっと大きなイワナが掛かりすごいファイトが始まった。イワナは50cmあるのか、ものすごい力で寄ってこない。すると何かにもぐり込みバレてしまった。

 

kc2

 

しばらく時間をあけて#8ニンフをもらって(渓流釣りに#8ニンフはさすがに持ってこなかった)インジケーターリーダーを5Xに上げて再び流すと、なんと数投で最初にバラしたイワナが掛かった。先ほど皮1枚でダメージがほとんどなかったのがよかったのかもしれない。今度はうまくいったようでロッドのしなりを利用して堰堤下から外して2つの落ち込みを下ったところで知人にランディングしてもらった。

 

 kc1

 

魚は40cm超えのイワナだった。知人2人と3人でイワナを眺めた。釣りは無理だと思う展開からまさかの結果となった。増水が生んだチャンスだったのかもしれない。

 

【タックルデータ】

ロッド:GASS288-4
リール:オプティクリーク
ライン:OH&DヤマメWF3F
リーダー:インジケーターリーダー5X

 

近藤記

 


Like