Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

2020.09.24

再び浜名湖へ

4連休中の9月20日(日)に再び浜名湖へ行ってきた。前回いい釣りができていたが、シーズン中にもう一回行っておきたく、前回は仕事の都合で行けなかった浜名湖初挑戦のTさんと是非行きましょうということで、ワタツミガイドサービスの喜多さんに予約を入れていたのだ。

 

今回はマスタリーアンプリチュード グランドスラムラインを買って挑戦。前回のインフィニティソルトよりも2.7m短く0.5番手重いヘッドなので、一番キャストすることの多い中距離が効率よくロッドを曲げてより狙いやすくなるはずだ。

 

事前の天気予報では4連休中のこの日だけ天気が悪く、昼前後に雨と強風になる模様でまともに釣りになるのか不安だったが、直前になって少しいい方向に予報が変わってきた。

 

出船時には雲の切れ目から日の出の太陽が顔を出し西の空には虹も出ていて、もしかしたらいい釣果を予言しているのではと、釣り人ならではのポジティブシンキングで期待が高まった。

 

photo1

 

しかし、期待とは裏腹に午前中は意外と高い潮位と風や雨によってクロダイの魚影が見えず、サイトフィッシングでは釣れそうにないのでポッパーで広く探るも、本命のクロダイのバイトは1~2回のみでフッキングせず。ブラインドでの引っ張りでTさんが1匹キャッチと1バラシと反応はあったが、私には数回の当たりのみでフッキングすることが無く、魚の感触を味わえないまま昼を迎えてしまった。

 

少し潮位が下がった正午少し前からウェーディングを始めるも、初めは全く魚が見えずこのまま終わってしまうのではと不安になったが、暫くすると待望のテイリングが幾つか見えるようになった。

 

段々とテイリングが増えてくるがボラも沢山いて手前にいるボラがラインの影で走ってしまい、本目のクロダイにうまくアプローチ出来なかったり、いい所に入っても無反応だったりと苦戦をしたが待望の引っ手繰るような当たりがあり、8番ロッドを絞り込む力強い引きを堪能してこの日最初のクロダイをキャッチすることができた。

 

photo2

 

その後、テイリングがあちこちに見られるようになって、ボラのテイリングと区別しながら比較的大きめのクロダイらしきテイリングをメインに狙っていくが、やはり手前のボラが走ってしまいなかなかうまくいかなかったが14時過ぎに再びヒット。初めからかなり走り回るのでもしかしたらボラかもしれないと不安に思いつつも、時間をかけてキャッチしたのは先ほどよりも少し大きく立派なクロダイだった。(手違いでウェアラブルカメラの電源が入っていなくてリリース前に電源を入れなおしたため、一番いいファイトシーンが撮れていなかった。)

 

photo3

 

さらに、段々と終わりの時間が近くなってきた15時過ぎにTさんが2枚連続キャッチ。遠目に見てもロッドが絞り込まれていて楽しそう。私もそちらの方に移動すると、テイリングだけでなく引き波を立てて手前に差してくるクロダイの群れが確認でき、短い時間に2枚追加することができた。

 

photo4

 

午前中はどうなるか不安だったが午後は雨も風もなく薄日が差す時間もあって、時間が経つにつれて魚の活性も上がっていい状況になり、終わってみれば4枚キャッチでうち3枚が40cmアップと数もサイズも十分。Tさんも初挑戦の浜名湖でいきなり3枚キャッチ(他に可愛いサイズを1枚)と、今回もワタツミガイドサービスの喜多さんのおかげで浜名湖のクロダイを堪能させてもらえたのだった。

 

photo5

 

帰りの高速も天気が悪くなる予報だったからか、4連休中にしては渋滞もさほどでもなくTさんを送って自宅に22時前に着くことができたので、疲れもさほどなく充実した一日を過ごすことができた釣行だった。

 

 

【タックルデータ】

ロッド:LOOP7XシングルL7X890-4MF
リール:LOOP エヴォテック G4 LW7-9 ブルー
ライン:マスタリーアンプリチュード グランドスラムWF8F
リーダー:TIEMCO OH&Dリーダー シングル 11FT 01Xにフロロステルスティペット0X(40cm)と1X(60cm) を付け足す
フライ:ガイドの喜多さん手製のフライとTMC708#8に巻いた同じパターン

 

OGGY

 


Like