Trout Fishing記事 | ティムコ

木部 龍夫

Trout Fishingプロスタッフ木部 龍夫 エンハンサーカスタム72プロト&シュマリ50FS VS プチスーパーレインボー

2015.05.11

エンハンサーカスタム72プロト&シュマリ50FS VS プチスーパーレインボー

今回、ゴールデンウィーク中にエンハンサーカスタムプロトロッドがティムコより送られてきた。今回は飛騨高山に観光予定があったので、観光後の短時間に宮川でワンポイント勝負と見定め、活性のあるトラウトが消息する早瀬に入川することにした。しかし先行者にフライマンがいたので、フライマンが釣り下るのを確認、後方100m程度の距離を保ちながら、プロトロッドにシュマリ50FSを結び、キャストを繰り返した。

 

P5030330

 

シュマリ50FSは自重も有り、水噛みも良い。プロトロッドは「幾つかの改善点は有るものの、ロッド自体にトルクは有りそうだな・・・」と感じつつキャストしていると、ルアーが流芯の石のたるみにさしかかった時、「ドン!」と強烈なアタリ!ラインがドラグから引き出された。

 

「キタッ!良型のレインボーだ!」と直感したのが、ランディングネットは源流用の小さいネットしか持って来ていなかった。レインボーは流れの早さを利用して猛然と下って行く。「参ったな・・・どうしようか・・・何処で捕り込もう・・・いずれにせよレインボーが疲れたら捕り込めば良い・・・」なんて余裕を持って考えていた。これはロッド自体にトルクがあるからこそ考えることが出来る業である。

 

P5030311

 

数分後、案の定小さなネットに収まったのは52cmのヒレピンのプチスーパーレインボーであった。思い通りの展開に「エンハンサーカスタム、トルク自体の問題無し!」と確信できる1時間半の釣行となった。

 

P5030323

 

 

 


Like