Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

keyec22

2019.10.17

フィールドモニター林洋 「渇水の秋の渓」

禁漁前の最後の週末、今季最終釣行したのは数年前に比べて遠方から釣行するアングラーも増え、この時期まで残っている魚も少ない所謂 “昔は良かった今では釣れない川“。例年に比べて気温・水温ともに高く渇水が激しく厳しい状況でした。   ... more
keyec1

2019.09.25

川口慶 「暗がりの主」

この日の相棒は、ここ数年タイミングが合わず情報交換だけとなっていた、この地に来てから何かとお世話になっている、広島でのトラウトの先生とも言える友人。梅雨真っ只中であった当日は、現地に着く頃には気持ちのいい快晴となっていた。   この日選んだ川はお互いがよく知る川ではあったが、2人で行くのは初めてであった... more
keyec

2019.09.10

フィールドモニター門脇赳徳 「ジュラシックワールド 後編」

さて、いよいよセッパリの雄を求めて徐々に上流へと向かう。どんどん渓相がよくなり、キャストも難しく厳しいようなポイントばかり出てくる。そんな時でもエンハンサーカタリスト59MLは狙ったピンスポットをズバズバと撃ち抜いていける。ベリー〜バットをグッと曲げ込んでやると楽にライナーキャストができる。このロッドにしてからキャストが楽しくなってしまった。 ... more
teyec5

2019.09.05

フィールドモニター土谷英樹 「リベンジ釣行!念願のカラフトマス (セッパリ)」

8月某日、カラフトマスツアー@北海道知床半島へ!本当は昨年の夏に予定していた釣行だったが、まさかの台風直撃でツアーが直前でキャンセルとなり、荷物だけが羅臼を旅する悲しい結果となった。   「今年は絶対行きたい!台風来るなよ!」 と念じたもののお盆明けに西日本に台風が上陸するなど、天気予報から片時も目が離... more
meyec

2019.08.27

水沼智宏 「岩手渓流探検」

8月中旬。聞こえてくるニュースは連日の猛暑と台風の被害‥毎年この時期に青森の海に向かっていたのだが、今年は予定していた日程が全て台風の影響で中止になってしまった。それならば‥と子供の頃から一度行ってみたいなと思っていた、岩手のとある川に探検に行ってみることにしました。   川に到着し、ひとまず車を停めて... more
keyec3

2019.08.21

フィールドモニター門脇赳徳 「ジュラシックワールド 前編」

暑い暑いとあまり言いたくはないが暑いものは暑い。そんな季節に遡上するちょっと変わった鱒族に逢いに、太平洋側のとある河川へと遠征を組んだ。   実は数年前に何度もトライしていたのだがその夢叶わず、姿さえも見たことがなかった。「もはや幻か?」地元のアングラーでさえそんな話をしていたものだから我々遠征組にした... more
teyec5

2019.08.16

鬼怒川水系でルアーテスト

相変わらず暑い日が続くが、製品テストの手を止めることはできない。今回は暑さを覚悟して、久しぶりに開発担当と2人で2020年新製品のテストに行ってきた。ねむけ眼をこすりながら、2人ともそれぞれ担当するアイテムを持ち、河原へと降りていく。   雰囲気は抜群なものの、流れからは一向に反応がない。2、3個のポイ... more
teyec

2019.08.15

【ティムコトラウト動画】真夏の桂川釣行~ダウンクロスからダウンでの攻略~

8月に入り35度を越える猛暑日が続く。気温が上がりトラウトの反応がシビアになっていく傾向があるが、そんなシチュエーションを打破するために駆使していただきたいのはダウンストリームでのアプローチ。シビアになった魚に対して、ルアーをじっくりと見せていくことによって、この時期の日中にもヒットへと結びつけることができるのだ。  ... more
keyec

2019.08.08

フィールドモニター門脇赳徳 「虎山女魚の渓」

8月に入りいよいよ夏真っ盛り。釣行時も熱中症には十分気をつけて楽しんでいきたいものですね。夏といえば鮎釣り。   ... more
teyec1

2019.08.06

夏の桂川で新作ミノーテスト

ここ最近うだるような暑さの35度を越える日々が続く。トラウトフィッシングには少々厳しい季節がやってきたが、こういうタフコンディションな時にこそ結果を出してこそのテストだと割り切って、今回は桂川へといってきた。当日も35度を越える猛暑日。早速プロトのミノーを結び、釣りスタートだ。   ... more
teyec4

2019.07.16

新作ルアー企画進行中!

現在2020年新製品のテストが絶賛進行中だ。目指しているコンセプトは: 【渓流のサイズアップ・中流域のジャストサイズ・本流域のダウンサイジング】 そんなコンセプトを元にテストするにつれて、釣果も溜まってきたので、サラッとご紹介させていただこう。  ... more
teyec

2019.07.11

アメマスのカラー

先日フライの先輩と道東の河川を歩いていたときだ。アメマスが釣れると聞いて散策しに来たのだが、まったく反応が無い時間が続いた。水がクリアーだからと、ブルーシルバーやアカキンのライトニングウォブラーを使って魚の潜んでいそうなポイントにアプローチをしていくものの、軽くしても重くしても沈めても浮かしても、まったく反応が無い。  ... more
keyec5

2019.07.05

フィールドモニター門脇赳徳 「最終盤の桜鱒」

秋田県では7月から鮎釣りが解禁を迎え、個人的にはそれを一つの区切りとして桜鱒シーズンを終える。鮎師が川に入るとスレが加速するとか、暑いから活性が…とか、言い訳はいろいろできるが、それよりも鮎釣りも少しかじってる私自身各地から鮎好調の便りを聞くとソワソワしてそれどころではなくなってしまうからというのが一番大きな要因かと思う。さて、今日はそん... more
teyec

2019.07.03

【ティムコトラウト動画】イメル50Sで出会う木曽川イワナ

梅雨に入ったとはいえ、気温も上がり渓流にはいい時期になってきた。そんな梅雨の晴れ間に木曽川水系にイワナ釣りへ行ってきた。   ... more
keyec

2019.07.03

川口慶 「初夏の雨上がり」

6月もそろそろ半ばにさしかかろうかという頃、GWから続く日照りにうんざりしていた。どこの川にも水がなくサツキマス狙いで本流を訪れるも、魚たちからのコンタクトはやる気のないチェイスとショートバイトばかりだった。   そんな中、ようやく待望の雨が降り「まずは本流を見よう」と行ってみたが水量はちょうど良いもの... more

関連記事