Trout Fishing記事 | ティムコ

木部 龍夫

keyec

2018.10.04

2018シーズン最後の釣行での秋ヤマメ

もう既に高原川や利根川などの有名河川では禁漁となっているところもあり、今シーズンも9月いっぱいで殆どの河川で禁漁となる。今シーズン最後の釣行を何処で楽しもうかと思い、岐阜の渓と長野の渓に絞り検討した結果、長野の渓に行く事にした。   現地に到着し車中で仮眠をとり、朝の5時半位から支度を終えて河原に立つ。... more
keyec

2018.09.28

シーズン最後の利根川

先週、予想以上に魚の活性が良く良い釣りが出来たので「二匹目のドジョウ」を狙い再び利根川の利根漁協管内を訪れた。利根川は9/21から禁漁となるので、禁漁前の最後の休日となるサラリーマンアングラーの自分にとっては事実上最後の利根川釣行となる。   夜明けに橋の上から川の水量を確認した。先週よりも若干増水して... more
kibeeyec

2018.09.13

秋の気配

今シーズンも残すところ あとわずか・・・   ... more
keyec1

2018.08.07

信州でのロッドテスト

猛暑が続く中、エンハンサーカタリストEHCT59MLのテストを兼ねて信州の渓に向かった。自分の考えの中では59というレングスからすると、川幅はそれほど広く無く、対象となるトラウトのサイズは20~40cmくらいが妥当と考えるが、不意に50cmクラスが掛かった時でも充分対応が可能なロッドパワーを兼ね備えることをコンセプトとしているらしい。 ... more
keyec

2018.08.01

夏の小渓流を楽しむ

連日、猛暑が続くと水温が上がってしまい、トラウトの活性も下がってしまう。本流での朝夕限定の大物狙いも良いのだが、高水温に渇水まで加わるとポイントも極僅かに絞られてしまう。ピンポイントに攻められると言えばその通りなのだが、一ヶ所入ったら、他のポイントは他のアングラーに叩かれた後にとなり、状況は更に厳しくなる。なにより今年のような炎天下では釣り人自体が熱中... more
keyec

2018.07.18

南会津の渓

「伊南川のスーパーヤマメ」・・・この言葉に惹かれ、渓流のルアーフィッシングで自分が初めて遠征をした想い出のある河川が伊南川である。南会津の里川の風景も気に入り、それ以来、脚を運ばし続けている要因になっている事も間違いない。釣果よりもここに来て、釣りを楽しんで懐かしめれば満足しているのかもしれない。伊南川に来ると毎回同じポイントから入川するのだが、今回は... more
kibe1

2018.07.04

郡上のサツキマス

前日、馬瀬川で良い釣行をしたので、そのまま長良川の郡上地区に向かう。しかし前日の疲れから、車中で目が覚めた時は既に明るくなっていた。「ヤバイ、早くしないと鮎師が入川して来てしまう!」と思い、そそくさと着替えて河原に向かったのだが前日の疲れが脚にきておりやや不安を感じる。   先ずはパックンチョサイズのシ... more
P6220385

2018.06.29

馬瀬川のアマゴ

自分が渓流のルアーフィッシングを始めた頃、釣り雑誌に記載されていた馬瀬川のアマゴを見た時に「いつかこんな幅広アマゴを釣ってみたいな~・・・」と思っていた。それからは自宅から遠方ではあるが、1~2年に一度位の割合でアマゴを釣るために馬瀬川に通い出す。初めて馬瀬川を訪れてから数十年の月日が流れたが、清流といわれる水質の良さや緑の美しさに変化はなく、釣りをし... more
kibe3

2018.03.20

2018シーズン開幕

いよいよ今シーズンも待ちに待った解禁となった。自分の開幕戦(!?)は、毎年地元の多摩川の解禁からと決まっている。解禁日当日は釣り人も多いので、釣果よりも、十数年もの釣仲間とワイワイ談笑しながら楽しく釣りするのが主目的なので、言わばお祭りみたいなものである。   とは言っても解禁初日で「タコ」だけは避けた... more
P7080238

2017.07.14

ギリギリ利根マス

例年よりも水量の多かった利根川も7月中旬にもなると減水と共に、気温、水温も上昇し必然的に釣果状況は困難になってきた。6月中旬あたりから阪東地区でも「今年の利根マスのサイズは例年より一回り大きい」と情報も入って来るのだが、今シーズン「利根マス」呼べるサイズをキャッチしておらず、焦る気持ちばかりが募っていた・・・。  ... more
P5270131

2017.06.01

木曽川釣行

毎年、年に一、二回は木曽川上流部に釣行する。時期的にはGWか猛暑の夏に涼みに行くのが目的でトラウト達の活性も落ちだしている時期であった。しかし今年はホームグランドとしている利根川もまだ依然として水位が高く、濁りも強いので、この最盛期に向かう時期に木曽川釣行を決断した。   ... more
P5200108

2017.05.26

今シーズン初の利根川水系

5月も中旬となり、今シーズン初の利根川釣行に向かった。今年はこの時期としては例年より水量も多く、濁りも入っているのは承知の上での釣行であった。しかし、「利根川戻りヤマメ」に会いたい一心で車を走らせた。   しかし、いざ利根川本流に着いてみると、「まだこの状況では確率的には、低いかな・・・」と思いながらも... more
P3050001

2017.03.08

解禁と渓流用ミノーの拡充

昨年から今年にかけて、ティムコでは渓流用ミノーのバリエーションの拡充が目立っている。そんなミノーに心を躍らせて、地元の多摩川の解禁に向かった。この時期のトラウトは、お世辞にも綺麗な魚体とは言えないものの、ミノーの動作チェックは充分できるし、何よりも自分自身が「渓流釣りシーズンの到来」を肌で感じられるのが嬉しいのである。  ... more
P5030311

2015.05.11

エンハンサーカスタム72プロト&シュマリ50FS VS プチスーパーレインボー

今回、ゴールデンウィーク中にエンハンサーカスタムプロトロッドがティムコより送られてきた。今回は飛騨高山に観光予定があったので、観光後の短時間に宮川でワンポイント勝負と見定め、活性のあるトラウトが消息する早瀬に入川することにした。しかし先行者にフライマンがいたので、フライマンが釣り下るのを確認、後方100m程度の距離を保ちながら、プロトロッドにシュマリ5... more
Kibe

2015.03.04

シュマリ50FSで釣る解禁

今年も各地で多くの渓流が解禁となり、私もさっそく今春発売予定のシュマリ50FSの動きを確認すべく地元の多摩川へ向かった。しかし今年の解禁日は雨で、おまけに寒いというあいにくの天候となった。... more

関連記事